連載

大学倶楽部・中央大

公式HP:http://www.chuo-u.ac.jp/ 所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 電 話:042-674-2050

連載一覧

大学倶楽部・中央大

開設2年目の国際経営学部と国際情報学部の学生がオンラインで交流

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際経営学部と国際情報学部の交流会に参加した学生たち 拡大
国際経営学部と国際情報学部の交流会に参加した学生たち
国際経営学部の施設紹介 拡大
国際経営学部の施設紹介
国際情報学部の施設紹介 拡大
国際情報学部の施設紹介

 中央大学では9月2日、国際経営学部と国際情報学部の1、2年生の有志によるオンライン交流会「Online Social Gathering for GLOMAC and iTL Students」が実施された。学生ら35人がビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して自宅などから参加した。

 国際経営学部は多摩キャンパス(東京都八王子市)、国際情報学部は市ケ谷田町キャンパス(東京都新宿区)と立地の違いがあり、両学部はこれまで関わる機会が少なかった。交流会は、各キャンパスでの学生生活に関する情報や、学部での学びの内容を共有したり、「経営」と「情報・法」という専門領域の違いによる物事の捉え方の違いを感じたりすることで新たな発見や気付きを得るべく、学生が主体となって企画・立案した。

 両学部は昨年4月に開設。最高学年にあたる2年生の代表者からの学部施設紹介に始まり、グループに分かれてのセッションで交流を深めた。

 グループセッションでは、主催者から提示されたテーマに沿った議論が行われ、その中には、「経営するなら実店舗かオンラインショップか」「AI(人工知能)は人間の仕事を奪うのか」といった両学部の専門領域にちなんだテーマもあり、参加者にとっては、普段の学修内容をアウトプットしたり、異分野を学ぶ他者の意見を聞いたりするよい機会になった。

 また、交流会は多くが英語によって行われ、「国際」を冠した学部ならではの特徴も見られた。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る