連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

遠隔授業の振り返りと可能性に関するFD開催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「春学期遠隔授業に関するアンケート」による授業形式満足度の結果 拡大
「春学期遠隔授業に関するアンケート」による授業形式満足度の結果

 千葉商科大学は8月26日、同大学教員を対象とした「春学期の遠隔授業の振り返りと遠隔授業の可能性に関するFD(ファカルティー・ディベロップメント)」をウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って開催し、コロナ禍のオンライン授業の在り方を検討した。

 FDは教員が授業内容や方法を改善し向上させるための組織的な取り組みを指す。春学期に実施した遠隔授業を学生と教員の双方の視点から振り返り、ICT(情報通信技術)ツールを活用して学生の能動的な学修を促す教育の方法や秋学期の遠隔授業の質の向上を図ることが目的だ。

 学生の視点として調査したアンケートは1~4年生の学部生6327人を対象に2種類実施。春学期の遠隔授業を振り返った「春学期遠隔授業に関するアンケート」は7月13~16日に実施し、4607人から有効回答があった。授業内容の改善と教育の質の向上をめざすことを目的とした毎学期ごとの調査「授業評価アンケート」は7月20日~8月16日に実施し、3万3848の有効回答(複数回答)があった。

 学生からは「録画された授業は後で繰り返し視聴することができて復習に役立った」「従来の通学時間を勉強時間に充てられ、有意義な時間を過ごせた」「チャット機能を使い、先生に気軽に質問できた」などのコメントが寄せられた。

 遠隔授業については、88.3%が「満足できる」または「どちらかと言えば満足できる」と回答。昨年度春学期の満足度90.6%と比較しても、対面授業と同様に高い満足度を得ている結果となった。遠隔授業の形式で最も満足度が高かったのは、「教科書または資料などに加え説明動画(オンデマンド)を提供し、その上で課題提出を求める形式」だった。

 FDでは、遠隔授業の事例紹介としてまず、同大政策情報学部の権永詞准教授が「オンライン反転授業の試み―オンデマンド/リアルタイム併用の事例として―」をテーマに説明。「学習範囲や到達度が明確なスキル系科目の場合は、問題が解けるようになったという実感が重要だ」と話し、「授業時間外に音声などの資料を確認し演習問題を解く事前学習をした上で、授業では解説を中心に演習問題も組み合わせる構成とした」と工夫した点を語った。また、テキストなどの深い読解が重要な非スキル系科目の場合は、到達度の明示が難しく、「考える」過程が重要とし、解説と自習を交互に行う構成にしたと説明した。さらに、自習後の解説では、時間がきたら全員の回答が出そろう前に匿名で他の学生の回答を共有することで、理解を深め、考えを発展させることができた学生もいた、と成果を説明した。

 次に、「やってみた、オンライン講義」をテーマにサービス創造学部の中村聡宏専任講師が解説した。「アクティブラーニング系の科目では、大人数で画面共有できるZoomを併用した一方、グループでのミーティングやファイル共有はチャットログが残るウェブ会議システム『Microsoft Teams (マイクロソフトチームズ)』を活用した」と説明。授業時間外ではLINEや、スケジュール管理やアンケート実施時にはグーグルのツールを活用するなど、学生の提案により目的に応じてアプリケーションソフトを使い分けたことを話した。

 また、「授業内でゲストスピーカーの講義を行う場合、移動距離がなく、国内外など所在地を問わないこともあり、招聘(しょうへい)しやすかった」「学生や複数の企業担当者との打ち合わせなども場の設定やスケジュールの調整がしやすいといったメリットがあった」などの報告があった。

 学生同士が直接会えないのでコミュニケーションが取りづらい、同大学の学生や保護者、教職員向けのポータルサイトへのアクセスが集中して重たくなり、課題のアップロードに時間がかかる場合があるなどの課題も共有した。

 FDの資料は専用ページからダウンロードできる(9月29日午後11時59分まで有効)。転載や引用の際は同大学戦略広報室(メールp-info@cuc.ac.jp)まで連絡が必要。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る