メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・中央大

丹波山村特産品 オンラインで販売

商品を使って簡単な料理を考案したうちの一つ、鹿肉ソーセージのジャーマンポテト

[PR]

山梨県丹波山村特産のジビエセット

 中央大学商学部は、学生が奥多摩3村(東京都檜原村・山梨県小菅村・同県丹波山村)が抱える課題解決に向けて取り組んでいる。丹波山村での取り組みを実施しているグループ「まるごと」は、コロナ禍における特産品ロスの解消とコロナ後の来村機会をつくることを目的に、特産品のジビエなど使った商品と村内にある温泉の入浴チケットをつけたコラボセットを企画し、オンラインで販売した。

 商学部は、2019年度に将来のキャリア形成に直結する実践的な学修ができる5種類の「プログラム科目」を設置した。その一つ、PBL(課題解決型学習)の講座である「ソーシャル・アントレプレナーシップ・プログラム」の科目「ソーシャル・アントレプレナーシップ・チャレンジ」で学生は、奥多摩3村が抱える課題の解決に向けて、それぞれの地域資源を生かしたサービスや商品開発にチャレンジしている。

 丹波山村の課題解決に取り組んでいる学生は、四つのグループに分かれてプロジェクトを実施。そのなかで、村の生活をまるごと体験できる企画・コンテンツの提供を目指しているグループ「まるごと」の学生4人が、村の特産品である野生の鹿肉を使ったジビエカレーや伝統野菜を使ったピクルス、原木マイタケなどの商品に、村内にある温泉の入浴チケットをつけたコラボセットを企画し、5月末からオンラインショップで販売。実際に商品を使った簡単な料理を考案し、そのレシピをSNSで紹介するなどの工夫により、2カ月で売り切ることに成功した。

 現在はコラボセットの販売は終了しているが、各商品は丹波山村オンラインショップより購入可能だ。

「まるごと」SNSアカウント

・Twitter: https://twitter.com/marugoto_sep

・Instagram: https://www.instagram.com/marugoto.sep/

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです