メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共立女子大

企画展「心を形にして -日本における贈答の美-」開催

金小札童胴 江戸時代前期

[PR]

紺木綿時宝船模様万祝 明治~大正時代
白綸子地笹巻絹模様打掛 江戸時代中期~後期

 企画展「心を形にして -日本における贈答の美-」(共立女子大学博物館、独立行政法人国際交流基金主催)が10月5日、共立女子大学博物館(東京都千代田区一ツ橋、共立女子学園2号館)で開幕した。

 日本における贈答儀礼を広義に捉え、贈られるものにみられる特徴や美しさ、その多様性を、贈答儀礼の背景にある日本人の思想とともに紹介する企画展。日本文化の根源を成している「自然との協調」や「人と人との強い絆」が、贈答儀礼にどのように具体化されているかを表現した。国際交流基金のえりすぐりの所蔵品を展示している(入館事前予約制)。

会期:前期「婚礼と贈答」10月5日(月)~24日(土)

   後期「人の絆と贈答」11月2日(月)~21日(土)

開館時間:平日午前10時~午後5時、土曜午前10時~午後1時

休館日:日曜・祝日、展示替え期間(10月26~31日)、および10月16~19日

 企画展は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、時間制の人数制限を行うため、来館希望者は以下のページより申し込みを行う。

共立女子大学博物館ホームページ <学内展示>企画展「心を形にして -日本における贈答の美-

 また会期中の10月10日には、展示関連イベントの講演会「贈る心を形にして -日本の贈答-」を共立女子大学で開催する (事前申込制)。

 定員は先着50人。希望者は専用フォームから申し込む。申し込み方法などは以下のページに詳細あり。

共立女子大学博物館ホームページ 講演会のお知らせ

共立女子大

公式HP:http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/
所在地:〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
電 話:03-3237-2838

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです