メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

宮下研究室が「モバイルハウス」を設計・製作 石川・白山麓で意見交換会

モバイルハウスを製作した宮下研究室の学生と関係者たち

[PR]

完成したモバイルハウスの外観。外装は学生が草木染で着色した木の板を張り合わせた
側面の板を上下に開くと開放感あふれる縁側になる

 金沢工業大建築学部の宮下智裕准教授の研究室が設計・製作した「モバイルハウス<動くホテル>」が9月12日、白山麓(はくさんろく)にある「白山癒しの湯 天領」(石川県白山市)の駐車場で初公開され、関係者や地元住民ら約40人が参加した意見交換会が行われた。アフターコロナ時代の白山麓における新たな旅のスタイルとして注目を集めそうだ。

 モバイルハウスは、軽トラなどの荷台に設置して家を運んでいるかのように使える車のことで、「移動する家」とも呼ばれる。公開されたモバイルハウスは木製で、高さ約250cm、幅約130cm、奥行き約250cmのボックス型。学生13人が約2週間かけて製作した。

 カラフルな外装は学生が草木染で着色した木の板を張り合わせたもので、同市在住の草木染作家の島田鯛子さんが白山麓由来の染料を提供し、学生の指導にあたった。また、内装床材は、同市の白峰産業から地元の木材を無償で提供されている。

 ハウスは2人用で、木製の椅子や机が収納され、旅をしながらテレワークを行うことが可能だ。車中泊用に電灯や炊事用の簡易的な水回りの設備がつけられ、一輪挿しも飾れるようになっている。側面の板を上下に開けば開放感あふれる縁側として利用でき、屋上にはテントも張れる。階段はそのままハウスの中に収納できるように設計されている。

 アフターコロナは、テレワークがますます広がると予想されているが、自由な働き方や暮らし方を実現していく上で、インフラ整備が進んでいないことが課題となっている。

 製作されたモバイルハウスは、車中泊スペースとキャンピングカーのシェアリングサービスなどを手掛けるCarstay(東京都新宿区)が進めるプロジェクトの一環として行われた。

 プロジェクトでは今後、白山麓の住民が中心となり、民家・商店・事業所などの駐車場や空き地を車中泊スポットとしてシェアサービスの「カーステイ」に登録。モバイルハウスで地域密着型の生活体験ができるようにする。完成したモバイルハウスは10月以降、白山麓で登録されたカーステイスポットの一つ、安田自動車(同市瀬戸)に置かれ、レンタルなどに活用される予定だ。

金沢工業大

公式HP:https://www.kanazawa-it.ac.jp/
所在地:〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
電 話:076-246-4784

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです