連載

大学倶楽部・亜細亜大

公式HP:https://www.asia-u.ac.jp 所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8 電話:0422-36-3238

連載一覧

大学倶楽部・亜細亜大

東都大学野球リーグ優勝 8季ぶり26度目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
先制ホームランを打つ木倉選手 拡大
先制ホームランを打つ木倉選手
優勝の喜びを分かち合う選手たち 拡大
優勝の喜びを分かち合う選手たち
大島学長から優勝カップを受け取る赤井選手 拡大
大島学長から優勝カップを受け取る赤井選手

 亜細亜大学は11月4日、神宮球場で行われた東都大学野球秋季リーグ戦の最終戦で、4―0で中央大学を降して8勝2敗とし、2016年春以来8季ぶり26度目の優勝を果たした。

 勝てば優勝が決まる試合では、初回に2試合連続となる木倉朋輝選手(経営学部3年)の本塁打で先制。三回には田中幹也選手(経営学部2年)が二塁打で出塁後、盗塁を決め、内野ゴロの間に生還し2―0となり、序盤から試合の主導権を握った。

 投手陣は先発の内間拓馬選手(法学部4年)が5イニング、青山美夏人選手(法学部2年)が3イニングをそれぞれ無失点に抑えた。最終回は平内龍太選手(経済学部4年)が登板し、打者3人を打ち取り、3人の零封リレーで勝利した。11月4日の亜細亜大学創立記念日を優勝で飾った。優勝が決まった瞬間、選手たちはマウンド上でチームメートと喜び合った。

 表彰式では、東都大学野球連盟役員の大島正克学長から選手に優勝カップが手渡された。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る