連載

大学倶楽部・成蹊大

公式HP:http://www.seikei.ac.jp/university/ 所在地:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 電話:0422-37-3517

連載一覧

大学倶楽部・成蹊大

産学連携で二酸化炭素を資源へ転換するカーボンリサイクル技術開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
炭酸塩化による二酸化炭素固定と利用のイメージ 拡大
炭酸塩化による二酸化炭素固定と利用のイメージ

 成蹊大学が出光興産などと産学連携で、産業廃棄物を活用して火力発電所や工場から排出された二酸化炭素を資源へ転換するカーボンリサイクル技術開発を進めている。

 このたび、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の炭酸塩、コンクリート製品・コンクリート構造物への二酸化炭素利用技術開発分野の研究開発委託事業で共同提案した「廃コンクリートなど産業廃棄物中のカルシウムなどを用いた加速炭酸塩化プロセスの研究開発」が採択された。事業採択を受け、発電所や工場から排出される二酸化炭素の固定化に向けて新たな技術を産学官の協働により開発するとともに、原料調達から用途開発に至るまでの幅広い領域で、社会実装に向けた取り組みを加速していく。

 同大学が共同で技術開発を進めているのは、出光興産のほか、宇部興産、日揮ホールディングス、日揮グローバル(横浜市西区)、日揮、東北大学(仙台市青葉区)。

 事業の委託期間は2020年度から24年度の5年間。廃コンクリートなどカルシウムを多く含む産業廃棄物から原料となるカルシウムを抽出し、排ガス中の二酸化炭素と反応させて固定化させるプロセスの実用化と普及を目指した技術開発を行う。また、カルシウム分の抽出と炭酸塩化の効率を高めるため、加速炭酸塩化技術について試験・評価を実施するとともに、プロセス全体の最適化を図りながら技術を確立させ、二酸化炭素の削減効果を評価していく。

あわせて読みたい