メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

商学部生チームが食品ゼロアクションコンテスト入賞 食品ロス削減向けSNSで発信

VEGECOMM運営メンバーの寺田さん(左)と高橋さん

[PR]

VEGECOMMのインスタグラムアカウント
レシピを紹介する投稿

 専修大は、国連WFP協会が実施した「ゼロハンガーチャレンジ」の食品ゼロアクションコンテストで商学部の学生が運営するインスタグラム「VEGECOMM(べジコミ)」が入賞を果たした。

 世界食糧計画(WFP)を支援する認定NPO法人の国連WFP協会は10月16日の世界食料デーを挟んだ9~10月に「ゼロハンガーチャレンジ」を実施。コロナ禍でもできる社会貢献活動として、食品ロス削減の取り組みをツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿すると、協力企業が1投稿当たり120円を途上国の学校給食支援に寄付する。

 ベジコミ(ベジタブルコミュニティーの略)は、食を通して農家や飲食店、地域住民、学生がつながるオンラインコミュニティーの構築に向け、野菜を使ったレシピや野菜の保存方法などの情報を発信している。メンバーは商学部の渡辺達朗ゼミの高橋亮斗さん、寺田毬菜さん、大坂屋杏奈さん、古澤佑依さん、中村絢音さん。自宅で余りがちなキャベツを使った簡単なレシピや食品ロスを防ぐ買い物の仕方などを投稿した。

 全投稿の中から優れた投稿15件に賞が贈られ、キャベツとベーコンのバターしょうゆパスタのレシピなど、ベジコミによる一連の食品ロス削減投稿に「とんがりコーン賞」が贈られた。メンバーは「1人暮らしの大学生でも簡単に作れる料理を実践して公開した。これからも食品ロスを解消し、人々をつなげるコミュニティーづくりに貢献したい」と話している。

 ゼロハンガーチャレンジには1万4588件の投稿があり、投稿とリツイートシェアを含めた寄付対象アクションは合計5万6000件。約22万人の子どもたちに給食が届けられる。

 ベジコミはインスタグラムアカウントで情報を公開している。ゼロハンガーチャレンジについての詳細は国連WFP協会のホームページ

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです