メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明星大

デザインを学びたい社会人のためのオンライン公開講座 5日から全3回

[PR]

 明星大学デザイン学部は、デザインを「企画と表現の掛け算」と捉え、企画力やコミュニケーション力を高めて社会のさまざまな仕事で役立つデザインのエッセンスを体験できる公開講座「デザインスクール DESC(Design Schoolの略) 2020」をオンラインで開講する。12月5、12、19日の全3回で、デザイン学部の教授が講師を務める。参加者を募集している。

 講座では、仕事にデザインの考え方や方法を取り入れたい経営者や行政、団体の職員、デザイナーなどに向けて、デザイン学部の専任教員が、分かりやすくデザインの本質や基本を伝える。今回は、プロダクト、ファッション、映画のそれぞれの分野で、どのようにデザインが生かされているのかについて考える。

 いずれの回も午後2~4時。参加無料。定員は先着で各回30人。希望者は専用フォーム(https://form.hino.meisei-u.ac.jp/design/op_lect/)から申し込む。問い合わせは明星大学デザイン学部支援センター(042・591・5230)。

 各回のテーマや講師は以下の通り。

 ▽第1回「未来志向から広がるプロダクト」(デザイン学部の浅井治彦教授)=持続可能な開発が世界的に課題になっている現在。これまでとは違うプロダクトのあり方が求められる。食、エネルギー、住む場所、暮らし方までを見据えて、製品やサービスをデザインするには、どうしたらよいのか。社会の課題を見つめて、あるべき姿にしていくための未来志向を軸に、プロダクトデザインの可能性を考える。

 ▽第2回「コスチュームからはじまるファッション」(デザイン学部の田中久隆教授)=多様化する社会で、ブランディングの対象が広がっている。商品、サービスはもちろん、団体、施設、地域、イベントなどにブランディングを活用することで、必要な人に共感が広がっていく。ブランディングの本質や事例を知り、それぞれの仕事に生かすための考え方や方法を基本から学ぶ。

 ▽第3回「映画の画面構成からみる映像表現の可能性」(デザイン学部の奥村賢教授)=映像表現としての映画は、撮影技術や撮影機材などの発達を背景に、これまで数知れぬ人々を魅了してきた。この講座では、映画技法の一つである画面構成に焦点をあてる。個々の画面において、どういう構図を採用し、フレーム全体を設計するかで、伝わり方は大きく変わっていく。動画の制作、活用が日常化している今日、映画の画面構成からあらためて映像表現の可能性を考える。

明星大

公式HP:https://www.meisei-u.ac.jp/
所在地:〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
電 話:042-591-5670

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです