メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京工芸大

中野キャンパスに新棟8号館完成 学生支援施設、基礎教育教員研究室などを設置

1階学修サポートセンター入り口

[PR]

2階教員研究室廊下
正面入り口外観
8号館入り口

 東京工芸大学(吉野弘章学長)芸術学部中野キャンパス(所在地:東京都中野区)に、「8号館」が11月24日に完成した。

 この8号館は、地上3階建て、学生支援を行うために建てられた施設となる。1階には、学生が芸術の基礎を勉強するうえで感じる質問や相談を、個別に応対するための学修サポートセンターや相談室が設置される。アドバイスや相談対応は、芸術学部の基礎教育課程科目を担当する教員が行う。学修サポートセンターには、学生が自習できる空間が用意され、安心して学業に取り組める環境が整う。

 なお、2階から3階には、芸術学部の基礎教育課程科目の授業を行う教員の研究室が入る。

 中野キャンパスは、1947年に小西六写真工業株式会社(現コニカミノルタ株式会社)社長の8代目杉浦六右衞門から、同社の総合研究所第1部の跡地を学校用地として提供された。これ以来、同大はこの地を拠点としてメディア芸術の可能性を追究し続けてきた。

 2019年4月、芸術学部全学年の就学地が中野キャンパスに集約された。こうして実現した「メディア芸術のすべてを都心の1キャンパスで学べる唯一無二の大学」をさらに進化させるべく、今年3月には6号館が、11月には8号館が完成している。

 同大芸術学部は、国内外にメディア芸術を発信する先駆的教育・研究機関を目指し、中野キャンパスを拠点に、さらに歴史を積み重ねていくという。

◆8号館概要

【フロアガイド】

 3階:教員研究室

 2階:教員研究室、会議室

 1階:学修サポートセンター、相談室、日本写真学会、日本画像学会

【建物概要】

延べ床面積:600.6平方メートル

着工日:2月10日

完工日:11月24日

■東京工芸大学 芸術学部

 1994年に設立(所在地:東京都中野区)。

 写真学科、映像学科、デザイン学科、インタラクティブメディア学科、アニメーション学科、マンガ学科、ゲーム学科の7学科を有する。2019年4月に芸術学部全学年の就学地が中野キャンパスに集約された。

 現在同学部には85人の教員が在籍しており、設立以来社会のニーズに合わせたメディア芸術分野のプロフェッショナルを育成している。

学校法人東京工芸大学は、23年に100周年を迎える。

東京工芸大

公式HP:https://www.t-kougei.ac.jp
所在地:〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5
電 話:046-242-9600

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです