連載

大学倶楽部・亜細亜大

公式HP:https://www.asia-u.ac.jp 所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8 電話:0422-36-3238

連載一覧

大学倶楽部・亜細亜大

ベトナム語スピーチコンテストで古川さんが1位、石川さんが2位を受賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左から)石川さん、清水先生、古川さん 拡大
(左から)石川さん、清水先生、古川さん

 11月7日に行われた神田外語大学主催「第14回ベトナム語スピーチコンテスト」(Zoom開催)で、亜細亜大都市創造学部3年の古川真穂さんがカテゴリーDで1位、同学部3年の石川和宏さんが2位に輝いた。

 2人が出場したカテゴリーDは留学経験のある3、4年生が対象の部門。出場するにあたり、担当教員の清水英里さんのサポートに加え、ハノイ大学留学中に指導を受けた現地の先生からオンライン上で発音のアドバイスをもらい対策を行った。

 古川さんは「ダナンで暮らす夢」をテーマに、留学中に訪れたベトナム中部の都市・ダナンの魅力についてをスピーチした。「ベトナム語を習得する上で難しいのは声調(音の高低のパターン)と発音だと思う。日本語にはない発音や声調が特に難しかった。ハノイ大学の先生からの発音指導に加え、スピーチ中にダナン弁を話したかったため、ダナンの先生にも何回か指導を受けた」と振り返り、今後について「もっとベトナム語を勉強して、将来ベトナムと関われる仕事をしたい」と語った。

 「コロナ禍でも途絶えないベトナムと日本の縁」をテーマにした石川さんは、コロナウイルス感染症拡大により留学中の生活が一変した経験と、その中で感じた現地の温かいつながりについてスピーチした。コンテストについて「コロナ禍により先生と直接会って練習できず苦労した。ベトナム語は声調が六つもあり、日本語では区別しない発音もあるため、口の動きや音などを画面で確認しながらの練習はとても大変だった。本番はオンラインでの発表という慣れない形式であったとはいえ、感情表現などさらに工夫できる箇所があったように思う」と悔しさをにじませた。一方で「他の参加者の発表を聞いて非常に刺激を受けたので、今後もベトナム語学習に励んでいきたい。将来的には仕事で活用できるレベルまでスキルを磨きたいと考えている」と意欲を示した。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る