メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・相愛大

大学に「ツィンバロン」の寄贈

寄贈されたツィンバロン

[PR]

 11月11日、相愛大学に、ハンガリーの伝統楽器「ツィンバロン」が寄贈された。寄贈したのは、日本ハンガリー友好協会理事の後藤田夫規子氏。

 ツィンバロンは、台形の箱に張った金属製の弦をたたいたり弾いたりすることによって音を出す楽器で、ハンガリーを中心とする中欧・東欧地域における民族楽器である。

 2019年2月16日、相愛大学南港ホールにおいて開催された「ヘレンチャール・ヴィクトリアのツィンバロンと相愛フィルハーモニアの共演による『ハーリ・ヤーノシュ』とハンガリーの合唱のゆうべ」の公演がきっかけで、今回の寄贈が実現した。寄贈されたのは、その公演にも使われた楽器で、10年に後藤田氏が発注し、ヘレンチャール・ヴィクトリア氏監修のもと、ハンガリーにて作られた貴重なものである。

 相愛オーケストラ委員長の中谷満氏によると、「今後、相愛大学において『ツィンバロン』を学べる講座や、相愛オーケストラとの共演なども企画したい」という。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです