連載

大学倶楽部・亜細亜大

公式HP:https://www.asia-u.ac.jp 所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8 電話:0422-36-3238

連載一覧

大学倶楽部・亜細亜大

「オンライン留学」の運用開始 二つのプログラムで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民族や宗教にまつわる祭祀(さいし)をテーマにしたAUASPの授業の様子 拡大
民族や宗教にまつわる祭祀(さいし)をテーマにしたAUASPの授業の様子

 亜細亜大学は、米ワシントン州にある3大学に学生を派遣する「アメリカプログラム(AUAP)・グローバル人材育成コース」とマレーシアのUCSI大学に派遣する「アジアンスタディーズプログラム(AUASP)」の二つの留学プログラムで「オンライン留学」の運用を開始した。新型コロナウイルス感染症の拡大により各国への留学中止が余儀なくされる中、「英語運用能力の向上」「グローバル教育の継続」「現地スタッフ・現地学生との交流を通しての異文化体験理解」の三つを柱の実現を目指している。

 AUAPは、米ワシントン州にある3大学に5カ月間留学し、現地学生との寮生活を通して交流を深める。約30年の実績があり、これまで1万4000人以上の卒業生を送り出してきた。

 今年は、10月3日から来年1月23日までをオンライン留学期間として、30人の学生が参加し、各大学の教員や現地の正規学生と共にディスカッションを中心とした授業を受講している。通常のAUAPと同様、授業への参加度や貢献度を重視した成績評価が行われ、ここで修得した単位は卒業要件に算入される。また授業時間外では、現地スタッフや学生とのトークルームやイベントなども設けられており、互いの言葉や文化などを教え合う交流も活発に行われている。

 今後参加を検討する学生たちに向けて、現地スタッフは「英語を使って議論したり発表したりするスキルを磨くだけでなく、チームワークやタイムマネジメント、オンライン上でのアクティビティーを通してICT(情報通信技術)スキルの向上も図ることのできる」と、制限のある環境下でこそ修得できる魅力を発信している。

 AUASPは、3月に第1期生を派遣してスタートする予定だった。UCSI大学の正規授業をオンラインで受講するパイロットプログラムが、10月27日~12月15日に実施されており、18人の学生が参加している。他民族・多言語・多文化共生国家のマレーシアの成り立ちや、公用語であるマレー語講座、そして、民族や宗教ごとに開催される祭りなど、さまざまな視点やトピックから学び、社会と文化についての理解を深める。

 当初は講義中心の授業だったが、参加者から「もっと英語を話したい」「もっと現地学生と交流したい」という声が寄せられ、ディスカッションやグループワークを取り入れたり、授業後に現地学生とマレー語で会話する時間を設けたりするなど、UCSI大学と協働で、新しいオンライン留学プログラムを創出している。

 「英語を」学ぶのではなく、「英語で」マレーシアについて現地の教員から直接学び、また「英語を使って」マレー語も学んで現地の学生と交流を行うなど、語学力の向上を趣旨とした語学留学の枠を超え、自らの体験を通して異なる価値観や文化を理解し、自己の成長や再発見につなげるプログラムとして運用を進めている。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る