連載

大学倶楽部・関西学院大

公式HP:http://www.kwansei.ac.jp/index.html 所在地:〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155 電話:0798-54-6017

連載一覧

大学倶楽部・関西学院大

小学生の子どもを持つ家族向けの旅行パック 商品化へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
フォレストアドベンチャー栗東にて体験する3人 拡大
フォレストアドベンチャー栗東にて体験する3人

 関西学院大学商学部、石淵順也教授ゼミの学生が「Student Innovation College(Sカレ)2020 冬カンファレンス(以下冬カン)」で「テーマ1位」を獲得した。Sカレは、マーケティングを学ぶ全国の学生が日本旅行ほか6企業から出されたテーマで商品を考案する産学連携のコンテスト。

 2006年からスタートしているSカレは、4月の応募から翌年10月まで1年以上続くプロジェクト。20年は、25大学29ゼミ(403人)の3年生が参加した。学生らは七つのテーマから商品を企画し、Facebookに公開。「いいね!」で支持を集め、寄せられたコメントで改善して発売を目指す。10月3日の秋カンでコンセプトを競い、12月6日の冬カンでは最終プランで商品化権を競った。来年10月に行われる秋カンで、販売実績によって総合優勝が決定する。

 受賞した井上さん、岡本さん、佐竹さんの同大チームは、日本旅行が提示した「SDGs(持続可能な開発目標)に貢献する旅行商品」に沿って、商品を開発した。日本旅行に応募した同大を含む19のゼミの中からテーマ1位に選ばれた。

 小学生(特に図工と体育が好きな4年生)の子どもがいる家族をターゲットに、滋賀県で森林資源に関連したSDGsを学ぶパッケージプラン「Tree R trip」を企画。木にまつわる工作やアクティビティーを通して、「Reduce(ごみそのものを減らす)」「Reuse(何回も繰り返して使う)」「Recycle(資源として再利用する)」の3Rが体験できる。滋賀県はSDGsに積極的で、特に栗東市は木を活用した取り組みが盛ん。大阪を中心とした関西圏からのアクセスを考え選ばれた。

 同大チームは、新型コロナウイルス感染症の影響からオンラインで準備を進めた。安全を配慮しながら現地にも足を運び、施設の体験や下調べ、商品化に向けた交渉に取り組んだ。また子どもを持つ親へのアンケートから提案する企画内容をより深めていった。申し込みやすい金額設定や新型コロナウイルス感染症対策にも配慮した実現性の高いプランに完成させた。

 プラン内のいずれかの施設を利用すれば必ず3Rのどれかを体験できるため、コンセプトに一貫性があることが高く評価された。3人は「このプランを通じて、多くの方に喜びや楽しさを感じてもらいたい。そのために、今後は商品化の実現に向けて、日本旅行の方と一緒にブラッシュアップさせていく」と目を輝かせていた。

 提案したプランなどは、Facebookで公開している。

※パッケージプラン「Tree R trip」は21年夏ごろに商品化される予定。状況により変更になる可能性がある。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る