メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・フェリス女学院大

学生が開発に携わった給食メニュー「百人一首献立」が横浜市立中学校での配達弁当「ハマ弁」にも登場

1月20日(水)メニュー 麦ごはん、はっ酵乳、五目栗ごはんの具、鶏肉の竜田揚げ、海藻サラダ、もみじる、白玉入りフルーツポンチ

[PR]

1月12日(火)メニュー 麦ごはん、牛乳、秋味ごはんの具、生揚げと豚肉のみそ炒め、煮びたし、たまごの汁物、ももの甘煮

 フェリス女学院大学の学生が開発に携わった2種類の給食メニュー「百人一首献立」が、1月、横浜市立中学校での配達弁当「ハマ弁」にも登場する。

 【1月12日(火)】(横浜市立緑園東小学校メニューのアレンジ)

「たまごの汁物」は、百人一首79番「秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ」(左京大夫顕輔)をモチーフとし、夜空と雲の合間から見える月をイメージしている。

 【1月20日(水)】(横浜市立北方小学校メニューのアレンジ)

 「もみじる」(もみじ麩のすまし汁)は、百人一首32番「山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり」(春道列樹=はるみちのつらき)をモチーフとし、歌中の紅葉を「もみじ麩(ふ)」に見立て、川に流れる葉を野菜で表現した。「もみじる」というメニュー名は、「もみじ+汁」を縮め、呼びやすい名称に工夫している。

 「鶏肉の竜田揚げ」は、百人一首17番「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」(在原業平朝臣)の「竜田川」に由来している。

 いずれのメニューも、学生が百人一首から和歌を選定し、和歌や古典文学特有の「見立て」やことば遊びを取り入れながら、デザインした。

 同メニューは、同大の実践型教養教育として展開する「全学教養教育機構(CLA)」の科目の一つであり、実社会と結びついた課題を具体的に設定し、解決策や企画を立案・提案する方法を体験的に学ぶ「プロジェクト演習」の成果となる。

 横浜市教育委員会の記者発表

 同大と横浜市立小学校2校とのメニュー開発について

フェリス女学院大

公式HP:https://www.ferris.ac.jp/
所在地:〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
電 話:045-812-9624

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです