メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

一般社団法人「明大サッカーマネジメント」設立 体育会サッカー部の支援目指す

設立会見に出席した(左から)明治大体育会サッカー部の栗田大輔監督、吉見章代表理事、副学長の西山春文理事、体育会サッカー部の越川芳明部長

[PR]

体育会サッカー部の2050年のビジョンについて発表する主将の須貝英大さん

 明治大体育会サッカー部をサポートするため、明治大が一般社団法人「明大サッカーマネジメント」を設立した。昨年12月22日、同大駿河台キャンパス(東京都千代田区)で設立記者会見が開かれ、同大副学長の西山春文理事は「スポーツ環境を整えていく体制ができた」と意欲を示した。

 これまで同大では、体育会各部をOB会が統制するなど、学内のスポーツの位置づけがあいまいだった。サッカー部では、公式戦や遠征・合宿などの活動資金調達や、スタッフの環境改善、OBプロ選手約60人のフォローとサポート、大学サッカーの価値と認知度向上などの課題があった。

 同大では昨秋、スポーツ振興本部を立ち上げ、学内のスポーツの位置づけを明確化。法人を設立し、独自に獲得した資金で援助を行うことで、学生の費用などの負担を軽減し、志の高い学生が入部できる環境や、スタッフが安心できる環境の整備を目指す。メンバーには、同大関係者のほか、弁護士や経営学修士などの専門家も加えた。今後は、OB選手マネジメント▽セカンドキャリア支援▽スポンサー獲得▽商品・グッズ販売▽講演活動▽青少年育成――などに取り組んでいく。

 会見の後半には、サッカー部所属の学生らが「2050年にサッカー部がどうありたいか」を考えた案を同部主将の須貝英大(すがい・ひでひろ)さんがプレゼンテーションした。「サッカー」と「人間形成」を追求し続けることや、大学サッカーの認知度を高め、スポーツ界に発信し続ける存在になるという目標が掲げられた。

 設立会見で体育会サッカー部総監督の吉見章代表理事は「法人が明治大体育会サッカー部の価値を高めるとともに、大学のブランド向上につながるように運営していきたい」と抱負を語った。【丸山仁見】

明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
電 話:03-3296-4545

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです