連載

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

公式HP:http://www.school.ohmae.ac.jp/ 所在地:〒102-0084 東京都千代田区六番町1-7 電話:03-6271-0757

連載一覧

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

リコーブラックラムズの新人入団選手に人材育成研修

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
真剣な表情で講義を聴くリコーブラックラムズの新人入団選手たち 拡大
真剣な表情で講義を聴くリコーブラックラムズの新人入団選手たち
講師の白崎さん(後列右から3人目)と新人入団選手たち 拡大
講師の白崎さん(後列右から3人目)と新人入団選手たち
リーダーシップについて解説する講師の白崎さん 拡大
リーダーシップについて解説する講師の白崎さん

 ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学は、ラグビー・トップリーグのリコーブラックラムズの新人入団選手に対し、昨年12月11日と16日に人材育成研修を実施した。講師として登壇したのは、BBT大学の事務局長で、これまで多くのアスリートの人材育成を行ってきた白崎雄吾さんだ。

 BBT大学はリコーブラックラムズへの人材育成研修の提供を2019年から開始。研修は「MFP(Make Future Project)」と名付けられ、選手一人一人が何のためにラグビーをするのか言語化して当事者意識を持ち、自己成長のためのマインドセットをしていくことが目的とされている。また、研修の内容には、効果的なフィードバックの方法や生かし方、コーチングスキル、リーダーシップなどが含まれ、現役時だけでなく、引退後のビジネスシーンにも転用できることが特徴だ。19年は計10回の研修を実施し、ラグビー元日本代表でBBTアスリートアンバサダーを務める広瀬俊朗さんもゲスト講師として登壇した。

 昨年実施された「MFP」は、新人入団選手向けにリーダーシップをテーマとして行われた。2日目の研修の冒頭で「あなたが考えるリーダーは誰か? また、それはなぜか?」という白崎さんの問いに、明治大学元主将の武井日向選手は「私が考えるリーダー像は松下幸之助さん。良い製品がたくさん売れても、さらに良い製品を生み出そうとする向上心と、社員にも浸透させる力。そういう向上心のある人が、良いリーダーだと思う」と答えた。それに対し白崎さんは「松下さんは自身の成長が、ひいては世の中のためになると考えていたのではないか」と答えたうえで、「現代の世の中は情報化社会で、膨大な情報を整理しなくてはいけないため、一人だけがリーダーとしての意識を持っていてもチームとして成長するのは難しい。全員がリーダーに必要な心の知能指数であるEQ(Emotional Intelligence Quotient)を高め、人を動かす力や巻き込む力をつけていくことが重要」と解説した。

 白崎さんは講義内で、人から信頼されるための「言行一致」の重要性、目標と目的の違い、現代のリーダーに必要な自己開示、内発的動機付けや自己理解の必要性、関係性の質の向上など、リーダーや組織に必要な要素を詳しく解説した。参加した新人選手は、終始真剣な表情で講義に耳を傾けた。白崎さんは研修の最後に「リーダーに必要な要素である自己理解をするために、自分が何を人生で大事にしているのか時間がかかってもいいのでぜひ言語化してほしい。周りに良い影響を与えられるようなリーダーに皆さん全員がなることで、チームの質もどんどん良くなると思う」と締めくくった。

 講義に参加した新人入団選手は「自分たち新人からチームを良くするという当事者意識を常に持って取り組みたい」「試合でも試合以外の場面でも感謝を持って他人に接することを忘れず、自分の成長がチームを強くするということを信じてこれからも頑張っていきたい」とコメントしている。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る