連載

大学倶楽部・フェリス女学院大

公式HP:https://www.ferris.ac.jp/ 所在地:〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3 電 話:045-812-9624

連載一覧

大学倶楽部・フェリス女学院大

文学部日本語日本文学科が『フェリス百人一首』刊行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「フェリス百人一首」 拡大
「フェリス百人一首」

 フェリス女学院大学文学部日本語日本文学科は、同学科の学生と教員が選歌から執筆まで行った「フェリス百人一首」(花鳥社)を2月25日に出版した。

 「フェリス百人一首」は、2020年の学院創立150周年記念事業の一環として出版。「日本の和歌・短歌の魅力を現代に、そして未来へと伝えたい」という強い願いから企画された。

 同学科の学生や教員から好きな和歌・短歌を公募し、百首を選ぶ「和歌所(わかどころ)」を設置し、新しい時代にマッチした珠玉の名歌百首を選んだ。

 和歌・短歌の世界をビジュアルで表現したらどうなるのか、和歌・短歌とイラストのコラボレーションを企画し、「絵所(えどころ)」を設置、絵を得意とする学生にイラストを依頼し、表紙のほか、各所に学生作のイラストを配置した。

 学科教員9人と学生3人の執筆者たちが、百首全てに解説を施し、重要な事項をコラムとして多数掲載し、和歌・短歌の解説書、入門書としても魅力的な書籍として仕上がっている。近現代短歌も取り入れ、宝塚歌劇を詠んだ歌やセーラー服を着た歌人の歌など、現代を鮮やかに映し出している。

 選歌・編著を担当した文学部日本語日本文学科の谷知子教授は「現代版『百人一首』を企画、実現できた。近代短歌の豊かさ、魅力も存分に味わってほしいと願っている」と話す。

 執筆を担当した同学科の榎田百華さんは「和歌所に参加し、新たな百人一首を作ることができたことによろこびを感じている。改めて和歌や短歌を見つめ直し、より歌の魅力を知ることができた」と話す。

 イラストを担当した同学科の杉崎愛さんは「それぞれの歌や人物の印象が伝わるよう、配色や構図を工夫した。現代の感覚で選ばれた百首からは、小倉百人一首とは違った歌の魅力を感じ取ることができると確信している」と語った。

あわせて読みたい