連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

来年度の授業実施方針と感染防止対策決定 約70%以上を面接授業に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉商科大学は、来年度の授業実施方針について、4月時点で「国・自治体より各種要請はないが、注意が必要なレベル」と想定される場合には、面接授業(対面・通学)での実施を全体のおおむね70%とすることを取りまとめた。

 基礎疾患を持つ学生や海外から日本に入国できない留学生など、通学したくてもコロナ禍でそれが不可能な学生については、遠隔授業もしくはハイブリッド式(通学者が面接で受けている授業を、通学できない学生向けに遠隔で受講できるようにする方式)で、登校せずに受講できるよう配慮する。これまで遠隔授業に取り組んできたことにより、遠隔授業でも相応の教育効果を上げることができるようにはなったが、遠隔授業は基本的に補完的なものと位置づける。

 感染防止対策として、入構者全員に対するサーマルカメラによる検温(37.5度以上の人は入構不可)▽マスク着用の確認▽学生証等の提示による大学関係者であることの確認▽各所消毒液の設置:共用部(トイレ、ドアノブ、手すりなど)の定期的な清掃・消毒▽教室などの各施設と共用パソコンなど長期耐用の抗菌処置と定期的な清掃▽教室や食堂等の空調システムや窓開放等による換気▽学内でのマスク着用の徹底▽面接授業の座席数調整▽学内での遠隔授業受講教室の整備▽受付窓口にビニールシートやクリアボードの設置――などを行う。

 原科幸彦学長は「コロナ禍のもと、困難な状況の中でも学びを止めなかった学生の気持ちに応えられるよう、最大限の努力を続けていく。学生の健康と安全を確保し、教育活動の質を保つべく教職員一同最善の努力を続ける」と話している。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る