連載

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

公式HP:http://www.school.ohmae.ac.jp/ 所在地:〒102-0084 東京都千代田区六番町1-7 電話:03-6271-0757

連載一覧

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

「アバターロボット」による乾杯動画を公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「アバター乾杯」の様子を見守る谷中教授(中央)=ビジネス・ブレークスルー大提供 拡大
「アバター乾杯」の様子を見守る谷中教授(中央)=ビジネス・ブレークスルー大提供
増設された「手」で、乾杯用のグラスを握るアバターロボット=ビジネス・ブレークスルー大提供
増設された「手」で、乾杯用のグラスを握るアバターロボット=ビジネス・ブレークスルー大提供
アバターロボットには衣類を着用させ「人間味」を持たせた=ビジネス・ブレークスルー大提供 拡大
アバターロボットには衣類を着用させ「人間味」を持たせた=ビジネス・ブレークスルー大提供

 ビジネス・ブレークスルー大学は、経営学部グローバル経営学科長の谷中修吾教授が考案した自宅からアバターロボットを遠隔操作しながらイベント会場の出席者と乾杯する「アバター乾杯」のノウハウを動画で公開した。公開された動画には、2020年10月24日に開催された同大学10周年記念イベントにおいて、海外在住の学生が「アバター乾杯」を通じてイベント会場の学生と交流した様子が収められている。

 同大は、昨年からavatar-in(アバターイン)の協力を得て、普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」をビジネス教育に導入する「教育デザイン・ラボ」の取り組みを展開している。

 「ニューミー」は、タブレットを「顔」として備え四輪の「足」で動く、物理的に実体のあるアバターロボットのため、リモート環境でパソコンから操作する人は「自らの分身」として現場に介入することが可能。現場にいる人にとって、相手がそこに実在しているかのように感じられることが大きな特徴となっている。

 同ラボは、谷中教授が立ち上げ、コロナ禍で世界初の「アバター卒業式」を実現させた。リアルとオンラインを交錯させた新しいビジネス教育のあり方を具現化する試みを行っている。すでに、リアルとアバター参加の学生が白熱討議する「アバター授業」や、オンラインの卒業論文発表会でMVP受賞者をアバターに憑依(ひょうい)させた「アバター表彰式」を実現した。

 「アバター乾杯」では、現場に来ることのできない出席者がアバターロボットを遠隔操作し会場を動き回る。その場にいる出席者と乾杯して交流ができることから、コロナ禍における行事にも広く対応する。今回、歓送迎会のシーズンに合わせて「アバター乾杯」の知見を広く社会に共有することで、コロナ禍における行事のあり方のアップデートに寄与することを目指している。

 スペインから「アバター乾杯」に参加した男性は、「教授や学友とアバターを通して会話したり乾杯したりすることで、あたかも実際に現場にいる感覚になった。まさに幼少期の頃に見ていた漫画の世界が、今現実になろうとしている、と感動した」と感想を話した。

 谷中教授は、「懇親会におけるアバターロボットの活用は、単なるオンライン中継と違って、リアル参加の人とアバター参加の人が『一緒に現場を作っている』という感覚が生まれる。アバターロボットにグラスを持たせ、ビールを注いで乾杯する……たったそれだけのことに全力を注ぐのは、クレイジーかもしれない。しかし、だからこそ、ワクワク感が生まれ、会話が生まれ、交流が生まれる。コロナ禍で歓送迎会の開催を模索している主催者の皆様に、このノウハウを共有したい」と話している。

「アバター乾杯」の詳細はBBT大学のホームページへ。

https://bbt.ac/

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る