連載

大学倶楽部・城西国際大

公式HP:http://www.jiu.ac.jp/ 所在地:〒283-8555 千葉県東金市求名1番地 電話:0475-55-8800

連載一覧

大学倶楽部・城西国際大

「国際大学」4校がフォーラム開催 「ニューノーマル時代の授業」探る 7月1~31日 オンデマンド無料配信 学生によるワークショップも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「第2回国際大学フォーラム」チラシ 拡大
「第2回国際大学フォーラム」チラシ
お申込みQRコード
お申込みQRコード

 関西国際大学、九州国際大学、長崎国際大学、城西国際大学の4大学からなる「国際大学間の未来ネットワーク」は、第2回国際大学フォーラム「コロナ禍で浮き彫りになった国際大学の課題と挑戦~学生目線で見る“ニューノーマル時代のオンライン授業”の実力~」を開催する。フォーラムは無観客開催とし、7月1日から31日までオンデマンドで無料配信する。

 各国際大学は在学生の留学および海外からの留学生の受け入れに力を入れてきたが、コロナ禍においてそのあり方を問い直す必要に迫られている。同時に、教育の現場においてもデジタルシフトが一気に加速し、自立的な学びをどうサポートするか、オンライン上でうまくコミュニケーションをとるにはどうしたらいいかなど、多くの課題も生じた。

 一昨年末に発足した「国際大学間の未来ネットワーク」は、コロナ禍で浮き彫りになったこれらの課題に向き合うとともに、「ニューノーマル」における学びの可能性を探ることを、2回目のフォーラムのテーマとした。

 同フォーラムでは国立教育政策研究所所長の浅田和伸氏を招き、「コロナ禍を踏まえた大学の国際交流、オンライン授業等の動向」と題した基調講演を行う。また、主催大学教員による事例報告に加え、留学生を含めた4大学の学生たちがこれからの授業のあり方を語り合うワークショップも開催する。

※国際大学間の未来ネットワーク(Consortium for International University Networking、略称「CoIN」)は2019年12月、関西国際大学、九州国際大学、長崎国際大学、城西国際大学の国際大学4校を設立発起校として設立。国際大学を取り巻く教育環境の変化などの課題を共有しながら、課題解決に向けた取り組みを連携して推進し、「国際大学」のブランド価値を高めていくことを目的として、活動している。

 <第2回 国際大学フォーラムの概要>

【テーマ】コロナ禍で浮き彫りになった国際大学の課題と挑戦 ~学生目線で見る“ニューノーマル時代のオンライン授業”の実力~

【配信期間】7月1日(木)〜7月31日(土)

【プログラム】

 第1部(講演)

 主催者講演「激動する国際情勢を見据えた日本の国際大学の在り方」

講師:九州国際大学学長 西川京子氏

基調講演「コロナ禍を踏まえた大学の国際交流、オンライン授業等の動向」

講師:国立教育政策研究所所長 浅田和伸氏

 第2部(オンライン授業の実践事例、学生によるワークショップ)

・オンライン授業の実践事例

「授業」を受けることから「授業を受ける」ことへ。--ハイフレックス型授業の試み

講師:九州国際大学現代ビジネス学部国際社会学科教授 松井貴英氏

・オンライン授業がもたらす「新しい学び」の形 ―学生の気持ちに寄り添う授業へ―

講師:城西国際大学メディア学部メディア情報学科助教 中川晃氏

・学生によるワークショップ

ニューノーマル時代における学生目線の授業・学修環境を探る

ファシリテーター:城西国際大学福祉総合学部福祉総合学科准教授 大内善広氏

参加学生:本ネットワーク加盟大学の学生8人(各大学2人ずつ)

【視聴方法】

動画をご覧いただくには、事前申し込みが必要です。以下のURLもしくはQRコードにアクセスし、必要事項をご記入のうえ送信してください。

 https://forms.gle/kcrZvcVJkSXbNmpz7

(締め切り:7月16日※申し込み締め切り日が変更になりました)

【視聴料】無料

【主催】国際大学間の未来ネットワーク(関西国際大学、九州国際大学、長崎国際大学、城西国際大学)

【一般の方からのお問い合わせ先】

 国際大学間の未来ネットワーク事務局(城西国際大学学長室)

電話0475-55-8857 Eメールcoin@jiu.ac.jp

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る