連載

大学倶楽部・日本薬科大

公式HP:https://www.nichiyaku.ac.jp/ 所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281 電話:0120-71-2293

連載一覧

大学倶楽部・日本薬科大

科学分野における連携協定を締結 県立松山女子高等学校と

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県立松山女子高校の関俊秀校長(左)と日本薬科大学の都築稔副学長 拡大
埼玉県立松山女子高校の関俊秀校長(左)と日本薬科大学の都築稔副学長

 日本薬科大学は、7月1日に埼玉県立松山女子高等学校と科学分野における連携協定を締結した。この協定は、科学分野における連携、相互教育の充実等により、当該事業の円滑かつ効果的な実施に資することを目的とするもの。

 松山女子高校は、埼玉県東松山市にある全日制の女子の公立高校である。1926(大正15)年に埼玉県松山実科高等女学校として開校し、今年で96年目を迎える。

 松山女子高校で行われた締結式で、同校の関俊秀校長は「この連携が生徒の探究心の育成や科学分野の学問への志の醸成につながることを期待したい」と語った。今後は、探究活動、特別講座、実習体験等での連携事業を展開する予定だ。

 日本薬科大は、2016年より高校との連携を進めており、現在の連携校は浦和学院高校、埼玉県立熊谷高校、県立熊谷西高校、県立本庄高校、県立小川高校、県立熊谷女子高校、県立伊奈学園総合高校、県立川越女子高校、大妻嵐山高校、順天高校、県立常盤高校の埼玉県内や東京都内の11の公私立高校である。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る