連載

大学倶楽部・明星大

公式HP:https://www.meisei-u.ac.jp/ 所在地:〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1 電話:042-591-5670

連載一覧

大学倶楽部・明星大

経営学部伊藤ゼミ ビジネスプラン中間発表会を実施

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
メンタリングの様子 拡大
メンタリングの様子
講師へプレゼンする伊藤ゼミの学生たち 拡大
講師へプレゼンする伊藤ゼミの学生たち
講師からの講評 拡大
講師からの講評

 明星大学経営学部経営学科伊藤ゼミ(伊藤智久准教授)の3年生が、ビジ

ネスプランニングを通した起業家精神(アントレプレナーシップ)を学ぶ活動「明星アントレプレナーシップ・チャレンジ」に挑戦している。

 この活動は人材サービス事業やDX事業を展開するディップ株式会社と、創業支援を行うTOKYO創業ステーションTAMAとの「産官学連携プロジェクト」として展開している。ゼミの学生が考案したビジネスプランはディップ社へ提案することでゴールとなる。この中間発表会が8月21日に同大で開催された。

■「明星アントレプレナーシップ・チャレンジ」の概要

 ゼミの3年生は、二つの課題から一つを選択し3カ月間かけてプラン作成に挑戦する。

 (1)ディップ社の新規事業のビジネスプラン

 (2)自分が実現したい事業のビジネスプラン

 中間報告では、ゴールとなるディップ社への提案を前に、TOKYO創業ステーションTAMAにて起業相談のコンシェルジュとして活躍する講師3人が、学生の考案したビジネスプランについてレビューした。

■発表会の模様

 3グループ(合計10人)がプレゼンテーションを行った。

 プランはディップ社の特性を考慮し、「ビジョン」や「商品・サービスによるバリュー」、「収益モデル」を含め提案される。さらにビジネスモデルの仮説の生成と検証を踏まえた提案を実現することが目標とされている。

 制限時間15分間の中でこれらを網羅した提案をする必要があり、念入りなプランニングと高いプレゼンスキルが求められた。その中で学生から「LGBTQ(性的少数者)」を対象とした求人掲載サービスや、インフルエンサーを通じてアルバイト人口を増加させるサービスなど、固定観念にとらわれない斬新なプランが提案された。

■講師講評とメンタリング

 発表後の講評では、「プランニングにおける顧客体験の重要性」が指摘された。

 会社や社会が抱える問題を解決するための新サービスの提案に対しては、「そのサービスを通じてどのような体験をしてもらいたいのか」まで考慮した提案が大切だと評価された。

 また、レビュー後に、講師と学生の間でプランニングの改善について話し合う「メンタリング」が実施され、プレゼンを振り返りながら、より良いプランニングの作成について意見が交わされた。

 実際に社会で起業相談を受けている講師からの指摘やメンタリングは、学生の視野を広げる機会となっている。普段の授業では体験できないリアルなビジネスを感じられるのが「明星アントレプレナーシップ・チャレンジ」の特徴でもある。

■今後の展開

 中間発表の講評をもとに、ビジネスプランのブラッシュアップが図られ、10月のディップ社への最終提案が行われる。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る