連載

大学倶楽部・専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/ 所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8 電話:03-3265-6677

連載一覧

大学倶楽部・専修大

「専水」「専茶」ラベル一新し販売 専修リーダーシップ開発プログラム8期生がデザイン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「専水」(左2本)と「専茶」 拡大
「専水」(左2本)と「専茶」

 専修大学オリジナルミネラルウオーターが新たに「専水(せんすい)」の商品名でデザインを一新し、発売を始めた。オリジナル緑茶飲料「専茶(せんちゃ)」もラベルデザインを変更し、今年1月から先行販売。「専水」「専茶」のデザインは、専修リーダーシップ開発プログラム8期生の学生5人が担当した。

 同プログラムは経営学部の授業科目(全学部公開科目)とキャリアデザインセンターが実施している課外講座のハイブリッドプログラム。学内での講座と、企業などと協力したテーマ活動がある。2020年度のテーマ活動の一つとして、専修大学購買会が販売する「専茶」のプロモーションや新デザインを考案した。

 メンバーは名古屋佳祐さん(経済3年)、菅江律帆さん(経営2年)、井関菜那さん(経営2年)、岡崎倖大さん(経営2年)、松本誉さん(文学2年)の5人。5人それぞれが「専茶」とミネラルウオーターのデザインを考案し、購買会職員の投票で決まった。

 専水、専茶とも、校章の下に和風の書体で商品名を力強く表し、従来品よりシンプルなデザインに仕上がった。ミネラルウオーターはこれまで「専修大学オリジナルミネラルウォーター」の名で販売していたが、「仲間内ではもともと“専水”と呼んでいたので、今回、それを提案した」(名古屋さん)という。「専水、専茶とあわせて覚えてもらえたら」と松本さん。

 専茶をデザインした菅江さんは「商品名を前面に出し、シンプルでわかりやすくすることを意識した」と話す。専水をデザインした岡崎さんは「専水、専茶が専修大学での学生生活の一部となることを願っている」としている。

 井関さんは「専水」のポスターもデザインした。「購買会が専大生を応援していることを伝えたい。専大生はもちろん、専大を訪れた高校生や卒業生など多くの人に新しくなった専水、専茶を飲んでもらいたい」と話す。

 専水は旧商品と順次入れ替えを進めている。専水は1本90円、専茶は1本100円(いずれも税込み)。購買会や学内の自動販売機で発売中。購買会オンラインショップでも購入できる。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る