連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

「統合報告書2021」発行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉商科大学(原科幸彦学長)は、学生・保護者、地域社会など全てのステークホルダーを対象としたコミュニケーションツールとして、同大初となる「千葉商科大学統合報告書2021」を発行し、同大公式ウェブサイトで公開した。

<統合報告書Webbook>

https://www.cuc.ac.jp/about_cuc/activity/integratedreport/in

dex.html【https://www.cuc.ac.jp/about_cuc/activity/integratedreport/in dex.html】

 同報告書は、国際統合報告評議会(IIRC)の国際フレームワークを参考にしつつ、同大の建学の精神と教育理念のもと、創立100周年に向けた将来構想「CUCVision100」に基づき、教育・研究に取り組み、地域社会、国際社会と共創し、社会に価値を創造するプロセスとその実績を掲載している。

 同大の特色や強み・ビジョン・取り組み等を、財務情報と非財務情報の観点で整理し、あらゆるステークホルダーに、よりわかりやすく理解できるようまとめている。

 今後も同大では、教育・研究活動を通して社会課題解決に取り組むとともに、ステークホルダーとのコミュニケーションを強化し、同大のさらなる社会的価値向上に努める。

■大学における統合報告書について

 2017年ごろから海外の大学で発行が広まり、18年度に東京大学が国内で初めて統合報告書を発行して以来、19年度11校※、20年度16校※と国立大学法人において発行の動きが加速している。私立大学で発行している例はまだ少ない(千葉商科大学調べ)。

※出典:「先端教育」21年5月号「国立大学法人の統合報告書の進化と課題 『価値』をどう伝えるのか」

■「千葉商科大学統合報告書2021」概要

【名 称】千葉商科大学統合報告書2021

【発 行】2021年8月(報告対象期間:19~20年度)

【主なコンテンツ】

・トップメッセージ

・千葉商科大学の価値創造プロセス

・特集(新型コロナウイルス感染症に対する取り組み、自然エネルギー100%大学への挑戦、千葉商科大学におけるSDGs憲章とそれに即した体系・取り組み、学長プロジェクトによる持続可能な社会づくり)

・建学の精神と教育の理念

・千葉商科大学の歴史

・活動実績(教育、地域・社会貢献、大学院、研究、大学から社会への接続、高大連携)

・数字で見る千葉商科大学

・ガバナンス

・財務情報

【制 作】千葉商科大学統合報告書プロジェクト

※事務局の若手職員によるプロジェクトチームにより作成

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る