連載

大学倶楽部・工学院大

公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/ 所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2 電話:03-3340-1498

連載一覧

大学倶楽部・工学院大

イタリア地中海 オンラインミュージアム「サルデーニャの建築と文化展」開催中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 工学院大学建築デザイン学科の鈴木敏彦教授が館長として携わるオンラインミュージアム「地中海の中心に浮かぶ島 サルデーニャの建築と文化展」が10月11日から開催中である。入館料は無料で、イタリア文化省や同国政府観光局などと共に企画したミュージアムになっている。

 ヨーロッパ屈指の高級リゾート地としてにぎわうサルデーニャ島は、これまで島全体の特徴が日本に紹介される機会は少なかった。展覧会では、現地の建築家と博物館の協力を得た1カ月にわたる徹底した現地取材を通して、サルデーニャ島の文化や建築、芸術に焦点を当てた本格的な映像展示を行っている。

 19日の基調講演では藤森照信特任教授(建築学部)が登壇し、世界遺産ヌラーゲ遺跡やその墓地に見る巨石文明について講演。現地取材の内容は、2020年に刊行された書籍「NICHE(ニッチ)07地中海の中心に浮かぶ島、サルデーニャへ!」(工学院大学建築学部同窓会NICHE出版会編)に収録されており、展覧会は同書籍のコンテンツを拡充して開催される。NICHEは建築とデザインの変遷を記録し、これまで計7巻発行しているが、企画展示が行われるのは今回が初めてだ。書籍刊行当初は日本で展覧会を実施予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オンラインミュージアムを開設することとなった。サルデーニャの登壇者は現地からの中継も実施。

 展覧会後、オンラインミュージアムは常設展示として継続される予定で、日本にいながら日常を忘れ、サルデーニャ島の美しい風景と文化に触れる貴重な機会を提供する。

 公式サイトはこちら

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る