連載

大学倶楽部・成蹊大

公式HP:http://www.seikei.ac.jp/university/ 所在地:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 電話:0422-37-3517

連載一覧

大学倶楽部・成蹊大

世界初!オリジナルおみくじ「千年和歌みくじ」を昨年12月24日にリリース

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 成蹊大学文学部日本文学科の平野多恵教授のゼミと武蔵野坐令和神社(埼玉県所沢市)は、同神社のオリジナルおみくじ「千年和歌みくじ」を制作するプロジェクトを2019年より進めている。「千年和歌みくじ」は、1300年を超える和歌の歴史から名歌を厳選した同神社オリジナルの和歌みくじ。従来にない和歌のおみくじを一から作成するにあたり、2年以上の時間をかけながら、神社と何度も検討を重ね、このたび全64首のうち35首のおみくじがリリースを迎える。

 「千年和歌みくじ」は全64首の和歌からなり、A5サイズ両面印刷でイラスト面と解説面で構成されている。和歌からメッセージをいただくおみくじで、吉凶はない。イラストはイラストレーターの睦月ムンク氏、和歌の選定や解説の執筆は平野教授とゼミ生が担当。神話や万葉集の歌から現代短歌まで、1300年を超えて続く31文字の歌の歴史の中からお告げにふさわしい名歌をえりすぐった、武蔵野坐令和神社独自のこれまでに類を見ない世界初※のおみくじだ。それぞれに現代語訳、歌の背景、歌のメッセージ、出会い運、クリエーティブ運、健康運、開運の鍵が記されている。※2021年12月現在、平野教授と同神社の調べによる。

 武蔵野坐令和神社(21年7月創建)は、KADOKAWAによる日本最大級のポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」に鎮座する神社。正式名称「武蔵野坐令和神社(むさしのにますうるわしきやまとのみやしろ)」、 通称「武蔵野令和神社(むさしのれいわじんじゃ)」。<令和>は「うるわしき大和」「麗しい日本」を意味しており、神社名は国文学者の中西進氏によって命名された。

 昨年12月24日から同神社で「千年和歌みくじ」を引くことができる。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る