連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

消費者行動研究者が解説 ミニマリストとエシカル・コンシューマーのリアルな姿 ウェブメディア「MIRAI Times」で連載中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉商科大学(原科幸彦学長)は、「社会の未来を育てる」をコンセプトとしたウェブメディア「MIRAI Times」に「時代を映す 新しい消費のカタチ~『ボランタリー・シンプリシティ』と『エシカル消費』~」と題した連載記事の第3弾を公開した。

 世の中で大量消費が繰り返されるなか、断捨離やミニマリスト、エシカルライフといった言葉が身近になり、人々のモノに対する向き合い方に変化が起きている。消費者行動研究が専門の千葉商科大学商経学部の大平修司教授(※)とともに、今注目を集める二つの新しい消費スタイルについて考察し、「消費」と「サステナビリティー」、そして「幸福感」を両立するためのヒントを探る本連載。

 第2弾は、生産・販売の過程で社会への負荷が少ない商品を選ぶ「エシカル消費」について、ムーブメントの経緯や背景、ミニマリズムとの関連性などに触れながら、その全体像について紹介した。

【連載第3弾】  消費者を知る「ミニマリストとエシカル・コンシューマーのリアルな姿」

 「消費」と「サステナビリティー」、そして「幸福感」を両立するヒントを探るため、大平教授と考察してきた二つの消費スタイル「ボランタリー・シンプリシティー(=ミニマリズム)」と「エシカル消費」。連載第3弾では、それぞれのスタイルを実践する人々の暮らしぶりを見つめ、消費者のリアルな姿に迫る。

※記事本文はこちら

※大平修司(おおひら・しゅうじ)

 商経学部教授。日本のボランタリー・シンプリシティー研究の第一人者。専門はマーケティング、消費者行動論。著書に「消費者と社会的課題」(千倉書房)、「ソーシャル・イノベーションの創出と普及」(NTT出版)など。普段から積極的に有機野菜や寄付つき商品、コートやジーンズは本当に気に入ったもの、長く使えるものを選ぶようにしている。

 「MIRAI Times」では、SDGs推進に力を入れる同大が、持続可能な社会の未来を育てるために、知りたいこと、知っておいた方がいいことを分かりやすく伝えている。

MIRAI Times

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る