連載

大学倶楽部・東洋大

公式HP:https://www.toyo.ac.jp/ 所在地:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20 電話:03-3945-7571

連載一覧

大学倶楽部・東洋大

「井上円了珈琲物語」発売記念 創立者とコーヒーの意外な接点をひもとく特別対談コンテンツを公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鈴木誉志男会長(左)と長谷川琢哉氏=サザコーヒー本店で 拡大
鈴木誉志男会長(左)と長谷川琢哉氏=サザコーヒー本店で
「井上円了珈琲物語」のパッケージ 拡大
「井上円了珈琲物語」のパッケージ

 東洋大学(東京都文京区、安斎隆理事長)は、サザコーヒーホールディングス(茨城県ひたちなか市、鈴木誉志男代表取締役会長)とコラボレーションし、同大創立者の井上円了(いのうえ・えんりょう)をモチーフとしたオリジナルコーヒー「井上円了珈琲物語」の発売と連動した特別対談コンテンツ「井上円了はグローバルな探究者!コーヒーを愛した旅する哲学者が世界で見たもの」を公開した。

 井上は、明治時代から「発展途上であった日本を豊かに、また強くするためには、国民一人一人の知性を向上させることが重要である」と考え、次代を担う国民を育成するため、学校教育や社会教育、民衆教育に生涯をささげた。そして、そのためには世界各国の教育のあり方や文化を自分の目で見る経験が不可欠であると考え、生涯にわたって3度の長期海外視察を行った。

 北はノールカップ岬、南はホーン岬(マゼラン海峡)と、その足跡は南北二つの極地に達し、近代化がいち早く進んでいた欧米に加え、アジア各国や、オーストラリア、アフリカ、南米といった南半球にも訪れ、文字通りの世界一周を行った。彼は何を思いながら旅を続け、どのような経験をしたのか。

 井上の思想や行動力に共感を得た、同大卒業生でもあるサザコーヒーホールディングスの鈴木会長が中心となり、井上をモチーフとしたオリジナルコーヒーを開発。3月23日に「井上円了珈琲物語」として発売した。この発売と連動して制作したウェブコンテンツで、鈴木会長と同大井上円了哲学センターの長谷川琢哉氏が、井上の旅と哲学観、意外なコーヒーとの接点について語り合った。

「【特別対談】井上円了はグローバルな探究者!コーヒーを愛した旅する哲学者が世界で見たもの」の視聴はこちらから

■「井上円了珈琲物語」販売サイトはこちら 東洋大学オリジナルグッズショップ(運営:東洋大学グローバルサービス)

■コンテンツを公開している東洋大学ウェブメディア「LINK@TOYO」について

 東洋大学ウェブメディア「LINK@TOYO」は、生活の知恵を得る「LIFE」、社会の未来を考える「SOCIAL」、仕事に生きるすべを知る「BUSINESS」、文化を味わう「CULTURE」、スポーツを学ぶ「SPORT」の五つのカテゴリーからなるコンテンツを展開している。専門家である同大の教員がそれぞれのテーマについて分かりやすく解説する記事や、各界で活躍する卒業生・学生へのインタビュー記事など、今こそ身につけたい“教養”の獲得を後押しするコンテンツを展開。13学部・15研究科を擁する総合大学ならではの幅広い研究と、個性豊かな在学生・卒業生による活動など豊富なコンテンツにより、同大の「知」と、読者の皆さまの日常生活が、「LINK@TOYO」を通してつながっていくことを目指している。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る