連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

キャンパス内養蜂の「はちみつ」を販売開始 商品説明会・試食会を5月26日開催

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉商科大学(原科幸彦学長)は、市川キャンパス内で養蜂事業「国府台bee Garden」を3月に開始した。4月に行われた初めての採蜜では予想をはるかに上回る約26キロが採集された。地元の創作洋菓子店、創作料理店の協力で学生が共同開発に取り組み、商品化に成功。販売することになった。

 販売開始に先立ち、開発に取り組んだ学生や養蜂事業の関係者が出席し「CUCブランドのはちみつ商品説明会・試食会」が開催される。

「CUCブランドのはちみつ商品説明会・試食会」実施概要

〇日 時:5月26日(木)午後1時30分~2時30分

〇会 場:千葉商科大学 本館3-1会議室 (千葉県市川市国府台1-3-1)

<出席者>

千葉商科大学学長 原科幸彦

養蜂事業担当学生

人間社会学部教授 和田義人(専門:福祉社会学)

銀座ミツバチプロジェクト 副理事長 田中淳夫氏

創作洋菓子店「モンペリエ」 代表取締役 神保里香氏

創作料理店「ラ・ドルチェ・ヴィータ」 シェフ 池田隆行氏

クラフトビール醸造所「まるやブルワリー」 代表 釘抜克典氏

<当日プログラム>

・国府台bee Gardenの概要説明

・学生からCUCブランドのはちみつ商品についての説明、質疑応答

・各店舗の代表からの商品説明と試食会など

◆国府台bee Gardenプロジェクト

 街の空をミツバチが安全・自由に飛び、四季折々多くの草花で揺れる人間と自然が融和した地域を創生する「国府台bee Garden」をめざす。ポリネーターであるミツバチをキャンパス内で飼育することで、市川市の緑化、生態系の維持に貢献し、さらに、はちみつの販売や地元菓子店、レストラン等とのコラボ商品開発により、地産地消を促し地域活性化につなげる。

 「SDGsアクションプラン2022」の中では、養蜂振興を強化する施策が掲げられており、「2 飢餓をゼロに」「13 気候変動に具体的な対策を」「15 陸の豊かさも守ろう」につながるものとしている。養蜂を行うのはCUC100ワイン・プロジェクトの学生。都市養蜂の先駆者である「銀座ミツバチプロジェクト」の全面的支援を受け、日常の蜂の世話やはちみつの採集、商品化、販売企画などを行う。

・養蜂場所:千葉商科大学1号館3階北側テラス(3月28日設置)

・規模:巣箱5箱(5群/約5万匹)

【問い合わせ】千葉商科大学経営企画室広報グループ

TEL: 047-373-9968 / E-mail: p-info@cuc.ac.jp

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る