連載

大学倶楽部・千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/ 所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1 電話:047-372-4111

連載一覧

大学倶楽部・千葉商科大

学生から学生へ。拡(ひろ)げようSDGsの輪。「CUC ETHICAL DAYS 2022」 エシカル消費を考えるイベントを巡ろう!スタンプラリー実施

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉商科大学(原科幸彦学長) は、7月4~10日を「CUC ETHICAL DAYS 2022」と題し、エシカル消費啓発を目的とした同学学生によるイベントを実施する。各プロジェクトが連携し、スタンプを集めた学生に参加賞を用意するスタンプラリーを開催するなど、多くの学生にエシカル消費への理解を深めてもらえるようなイベントを企画している。

◆[一般対象] 「ハーバリウム作り」ワークショップ

【開催日時】 7月9日(土)、10日(日)午前11時~午後4時

【会  場】 JR市川駅直結 シャポー市川1階「むすぶば」

【対  象】 どなたでも参加可(先着30人/各日)

【参 加 費】 500円(税込み)

【申し込み方法】申し込みフォームより

◆[同大学生対象]

【開催日】7月4日(土)~8日(金)

【会 場】千葉商科大学市川キャンパス内

【イベント】

・Flower×Relax~癒しのテイクアウト~

企画運営:サービス創造学部リラックスサービス・プロジェクト※

 価格調整や規格外により出荷されないまま花が廃棄される「フラワーロス」の問題と、花のリラックス効果に着目。ロスフラワーの設置・配布、ハーバリウム作りワークショップを行う。

※リラックスサービス・プロジェクト……学生たち自身、教職員、地域の方々など社会全般がストレス解消、心身共にリラックスができるイベントや空間を創造し提供する活動を行うプロジェクト。サービスというカテゴリーに関するプロジェクト活動を通じて、「サービス創造」視点によるマーケティングの考え方や企画立案方法を学ぶ。

・CAFE GLAMPARK

企画運営:サービス創造学部コミュニティカフェ・プロジェクト※

 「グランピング」をテーマに、フェアトレードと地産地消メニューの提供を行う。

 飲食後に「収納するゴミ箱」でゴミを正しく分別してもらい、環境に良いゴミ捨ての仕組みを学ぶきっかけとする。期間中は「要らないもの交換会」も実施する。

 7月6日(水)~8日(金)は、古布などを利用した「ガーランド」作りを1日2回実施する。

※コミュニティカフェ・プロジェクト……人々が気軽に集まりコミュニケーションがとれる場となるカフェを運営するプロジェクト。コンセプトの設定、スケジュールの策定、商品開発、仕入れ、販売、広報活動や売り上げ管理等を体験する。エシカル消費の啓発活動にも注力し、「人、自然、未来にやさしい」をテーマの一つにしている。

・節電アクション「打ち水で涼しく大作戦!」

企画運営:学生団体「SONE」※

 今年で6回目を迎える「打ち水で涼しく大作戦!」は、打ち水によってクーラーに頼らない涼しさを体感することで、省エネ意識の醸成と節電行動を促進することを目的とし、参加者に環境問題や省エネに対する意識調査を実施する。

※SONE(Student Organization for Natural Energy:自然エネルギー達成学生機構)……学生や教職員の省エネ意識向上などを行う学生団体。「学生に無理をさせない」を理念に、さまざまな省エネ啓発活動を展開している。

・CUCエシカル学生クラブ主催イベント

企画運営:学生団体「CUCエシカル学生クラブ」※

 エシカル消費やフェアトレード、SDGs に関連する映画5本を期間中1日1本ずつ上映する。参加者にフェアトレードやエシカル消費についての理解を深めてもらうことを目的とし、商品の紹介や普及啓発を行う。

・期間中に開催する各イベントへの参加を促すため、スタンプラリーを企画。三つスタンプを集めた方へ参加賞を用意する。

※CUCエシカル学生クラブ……一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムが推進する「フェアトレード大学」認定を目標に、エシカル消費を広める活動を中心に行っている。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る