メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

ファッションレボリューション・トークショー[5月1日(月)/東京都武蔵野市]

名前:ヒューマンライツ・ナウ

◆「吉祥寺コレクション・吉コレ」前夜祭

     ハンセン病の方や障害を持つ方のための服をデザインし、▽東京コレクションにも参加した鶴田能史さん▽世界にひとつだけのあなたに寄り添うバッグを作り続ける吉田美子さん▽国際人権NGOヒューマンライツ・ナウで国境を越えてファッション産業のもたらす人権課題を解決しようと活動する伊藤和子▽女性と子どもの人権を守る活動を続けるヒューマンライツ・ナウ副理事長の後藤弘子、4人が集い、エシカルな世界、人権や多様性が大切にされる世界とファッションの関係について語り合います。

     連休の合間のひと時、是非吉祥寺で語り合いましょう!皆様のご参加をお待ちしています。

     このトークショーは5月4日木曜日に吉祥寺で開催されるファッションショー「吉祥寺コレクション・吉コレ」の前夜祭的な企画となります。鶴田さん、吉田さんはデザイナーとして、後藤さん、伊藤さんはモデルとして「吉コレ」に参加しますので、ぜひご注目ください!

    開催概要

    ●日時:2017年5月1日(月曜日)午後6時30分から8時30分まで(開場6時15分)

    ●会場:I-dream(アイドリーム)吉祥寺

    JR中央線吉祥寺駅より徒歩約5分(武蔵野市吉祥寺本町2-12- 5 スプリングハウスビル2階)

    道順:JR吉祥寺駅北口を出て、左へ(平和通りをパルコ方面へ)を進み、信号を渡り、そのまま中道通りを直進し、右にある自転車やワインが並んだ雑貨店を右折し、2軒目。レンガの壁でガラスの扉のビルです。

    ●参加費:1500円(お茶つき)

    ●申し込み:件名を「5/1ファッションイベント参加希望」として、ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、お名前、ご連絡先を明記の上、メールでお申し込みください。

    スピーカー

    鶴田能史さん:障がいの有無や年齢国籍問わず、機能性があり使いやすく、笑顔や優しさがあふれ、平和を願う「ピープルデザイン」という言葉をかかげて発信しているデザイナー。舞台衣装デザイン、ミュージシャンの衣装など幅広く活動中。2015年1月・テンボデザイン事務所「tenbo」を立ち上げる。

    吉田美子さん:Only ONEのBagを作る「Y’s445」のデザイナー。ブランドを立ち上げて12年、送り出したバッグは2200個以上。2017年から吉祥寺にオフィス&ショールームを開設し、ファッションを含めて自分らしい選択をしていくための発信にも力を入れている。

    後藤弘子:千葉大学大学院教授、HRN副理事長、ジェンダー法学会理事、日本被害者学会理事、文部科学省会員、内閣府「女性に対する暴力に関する専門調査会」元委員。慶應義塾大学大学院法学研究科公法学専攻で法学修士と博士課程を取得後、少年法やジェンダー法の専門家として活躍中。

    伊藤和子:1994年弁護士登録、以来女性、子ども、冤罪など、人権問題にかかわって活動。2004年ニューヨーク大学ロースクール留学、2005年国連インターン等を経て2006年国際人権NGOヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、以後事務局長として国内外の人権問題の解決を求めて活動中。

    ●お問い合わせ・お申し込み:国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

    TEL:03・3835・2110、FAX:03・3834・1025、E-mail:info@hrn.or.jp