メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

映画と話そう@TAMA「昭和九十年」[6月24日(土)/東京都多摩市]

名前:たえのは

◆昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-

     昭和と共に生きてきた栗林白岳氏を追った長編ドキュメンタリー「昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-」はじめ安原伸監督3作品を上映。また「えび天」「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」「シネマ秘宝館」など伝説の監督をお迎えして懇親会を行います。

    ◆「明治天皇宇宙の旅」(1988年)

     神戸大学特殊撮影研究同好会自主製作映画。第3回国民文化祭映像部門大賞受賞。狭い地球には飽き足らなくなった明治天皇は忠臣である乃木希典に命じ宇宙船を製作、宇宙の旅に出発した。8mm特撮SFスペースオペラの金字塔?!

    ◆「昭和の残照」(2017年)

     「明治天皇宇宙の旅」は、かって特撮ファンのメッカだった伊丹映画祭でグリーンリボン大賞を受賞した。映画のメーキングと当時の受賞風景、「ゴジラ」本多猪四郎監督ほか懐かしく貴重な映像。

    ◆「昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-」(2016年)

     栗林氏は栃木県那須町に、15,000点に及ぶ戦争関連の展示「戦争博物館」と称する施設を設立し館長を務めています。また毎年東京で軍歌・軍楽・軍装の一大イベントを催しています。これは旧帝國陸海軍の軍楽隊コンサートとして始められたイベントで、形を変えながら2016年現在まで続いています。一般的には「終戦記念日に靖国神社に乃木大将の軍装で現れる人」として有名です。さて氏の生き様から「日本」は見えてくるのでしょうか?「昭和」は見えてくるのでしょうか?

    開催概要

    ●日時:2017年6月24日(土曜日)午後3時開演、15分前から開場

    ●会場::シネマカフェバー・モンキーランド

    小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分(東京都多摩市豊ヶ丘1-11-1)

    ●料金:1000円

    ●定員:20人

    スケジュール

    午後3時:「明治天皇宇宙の旅」(16分)/3時20分:「昭和の残照」(6分)/3時30分:「昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-」(82分)/5時: 懇親会(約1時間)

    ●お問い合わせ・お申し込み:たえのは事務局

    TEL:050・5891・1977、E-mail:office@taenoha.com