メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

網膜色素変性症・医療講演会[7月2日(日)/大阪市天王寺区]

名前:JRPS大阪

◆この目に確かな治療法を!網膜色素変性症の最先端研究--フイルム型人工網膜と網膜再生

     大阪府網膜色素変性症協会(JRPS大阪)では、未だに治療法が確立されていない眼の難病「網膜色素変性症(RP)」に関する最先端の研究について、下記の要領で医療講演会「この目に確かな治療法を! 網膜色素変性症の最先端研究~フイルム型人工網膜と網膜再生~」を開催いたします。

     つきましては、患者・家族の皆様をはじめ、医療・福祉関係者や一般の皆様にも多数ご参加いただきたくご案内申し上げます。

    開催概要

    ●日時:2017年7月2日(日曜日)午後1時から3時30分まで(受け付け0時20分から)

    ●会場:大阪市立天王寺区民センター1階ホール

    大阪市営地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車、1号・2号出口から北へ100メートル

    ●参加協力金:JRPS会員無料、一般500円(ともに介助者1人無料)※申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

    プログラム

    講演1:フイルム型人工網膜「色素結合薄膜型人工網膜「OUReP(オーレップ)」:治験責任医師と治験機器提供者からの紹介」

    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(眼科)准教授 松尾俊彦(まつお・としひこ)先生/岡山大学大学院自然科学研究科(工学部/高分子材料学)准教授 内田哲也(うちだ・てつや)先生

    講演2:網膜再生「iPS細胞を用いた網膜再生治療」

    理化学研究所 多細胞システム形成研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト副プロジェクトリーダー 万代道子(まんだい・みちこ)先生

    ●お問い合わせ・お申し込み:大阪府網膜色素変性症協会(JRPS大阪)事務局(担当:松本)

    TEL:090・7343・8980、E-mail:osakajrps@yahoo.co.jp