メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

横浜音祭り2019[9月15日(日)~11月15日(金)/横浜市内全域]

名前:横浜アーツフェスティバル実行委員会

◆3年に一度の音楽の祭典

     この秋開催する、横浜の街そのものを舞台とした日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」では、「クリエイティブ・インクルージョン」をコンセプトの一つとして掲げ、国籍、ジェンダー、世代や障害の有無を越えてあらゆる人に音楽の楽しみをお届けする取り組みを行います。

     この度、「クリエイティブ・インクルージョン」の一環として、子供たちの可能性を広げるため、発達障害のある子供とその保護者に向けたワークショップを実施します。

     ペーパークラフトづくり、デジタルアートと打楽器の体験、音楽とペーパークラフトで作った作品が動く映像の鑑賞など、五感に働きかけるプログラムを、子供と保護者が一緒に参加・体験し、楽しみながら感性や感覚を磨く機会をつくります。

    ピックアップ ワークショップ

    ●公演名:発達障害のある子供と保護者のためのワークショップ 音と光の動物園

    ●日時:2019年10月5日(土曜日)14時半から17時まで(開場14時)

    ●会場:横浜みなとみらいホール レセプションルーム(6階)および リハーサル室(地下1階)

    東急東横線直通、みなとみらい線みなとみらい駅下車徒歩3分/JR根岸線桜木町駅下車徒歩12分

    ●プログラム:五感に働きかける音楽と映像で 子供 の可能性を広げるプログラム

    1.動物をかたどったオリジナルのペーパークラフトづくり/2.感性を多方面から刺激する、デジタルアートと打楽器体験コーナー/3.音楽と映像のコンサート(サン=サーンス《動物の謝肉祭》の演奏に合わせて、子供たちの作ったペーパークラフトが映像の中で踊ります )

    ●出演:アーツスペシャル合奏団(演奏)

    第1ヴァイオリン:鶴野紘之、第2ヴァイオリン:山田香子、ヴィオラ:七澤達哉、チェロ:横溝宏幸、コントラバス:篠崎和紀、クラリネット:笹岡航太、パーカッション:牧野美沙、ピアノ 連弾:上田智子、蔵島由貴、ヤマハ・ドラムサークル(打楽器体験)

    ●料金:無料

    ●対象:発達障害のある小学生とその保護者 20組40名(応募多数の場合は抽選)

    ●お申し込み:専用フォーム(https://www.yaf.or.jp/mmh/workshop/form.html)をご利用ください

    ●申し込み締め切り:9月10日火曜日

    ●お問い合わせ・お申し込み:横浜みなとみらいホール「音と光の動物園」係

    TEL:045・682・2020、E-mail:ototohikari@yaf.or.jp