メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・リポート

NVDAがJAWSを超えて首位に、Androidも上昇--WebAIMのスクリーンリーダー利用状況調査

 パソコン画面上の文字を読み上げるソフトウエア「スクリーンリーダー」について利用状況を調べたところ、無料の「NVDA」が、長年、Windowsでトップシェアを誇っていた有料のフリーダムサイエンティフィックの「JAWS」のユーザー数を超えたことが明らかになった。障害者が使いやすいインターネット技術のあり方に取り組む米ユタ州立大の障害者センターが8月に実施した、世界のスクリーンリーダー利用状況調査「WebAIM(web Accessibility In Mind)」の結果明らかになった。

 調査は、同センターが2009年から視覚障害者などスクリーンリーダーを利用している人を対象にオンラインで実施しており、今回で8回目。回答数は1224件で、北アメリカからが58.0%で最も高かったものの、ヨーロッパ・英国27.0%、アジア5.8%、アフリカ・中東2.9%など広範な地域から回答が寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです