メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

森林ボランティア青年リーダー養成講座 in 東京[11月23日(土・祝)ほか/東京都内]

名前:JUON NETWORK

◆”森”と”人”のつながりをもっと身近に

    森の現状は?:

     日本は国土の2/3を森林で覆われる、世界でも有数の森林国家です。森林には災害の防止や生態系の維持等の多くの公益的機能があり、また生産される木材や林産物は私たちの生活に必要なものです。しかし、現在は森と人とのつながりの希薄化(里山との関わり)や林業の低迷などによって日本全国にある多くの森が荒れています。そして獣害や山崩れなど様々な問題につながっています。

    荒れた森を元気にするには?:

     荒れた森の状態をよくするためには、定期的な手入れが不可欠です。人工林において太く強い価値ある木を作るためには間伐や枝打ちといった育成作業が必要です。また、里山特有の多様な生態系は人の手が入ることによって保たれ、獣害の防止にもつながります。防災面で重要な森林で荒れているところにも人の関わりが重要になります。

    リーダー講座では……:

     リーダー講座は、必要性の高まる森林ボランティア、森に関わって生きていく人を育成することを目的としています。初めに森林について基礎から学び、そして実際に森へ行って間伐や枝打ちなどの作業を行います。また、森と共に生活をしている方のお話を聞く機会もあります。この講座で森や人とつながり、そして森林と人をつなげる人への一歩を踏み出しませんか。

    開催概要

    ●カリキュラム

    第1回2019年11月23日(土曜日・祝日):オリエンテーション、日本の森林についてなどc

    第2回2019年12月1日(日曜日):人工林保全活動(会場:東京都奥多摩町)

    第3回2019年12月21日(土日曜日):人工林保全活動(会場:東京都奥多摩町)

    第4回2020年1月11日(土曜日)から12日(日曜日):里山保全活動、里山の現状視察(会場:東京都青梅市・奥多摩町)

    第5回2020年2月1日(土曜日):振り返り/安全についてなど

    ●内容:

    ◆リーダー養成講座(上記の全5回)

    森林の知識を学ぶ:日本の森林の現状、森林ボランティア活動など

    森林保全の技術を学ぶ:人工林保全活動(間伐、枝打ち、道づくりなど)/里山保全活動(ヤブ払い、除伐等)/里山の現状を感じる

    ◆その他

    ・第4回の宿泊は、地域の公民館を予定しており、寝袋を使用します。なお、寝袋がない方はこちらでお貸しします。

    ●対象:18~40歳

    ※初心者・経験者問いません!

    自然・森林が好きな人/何かきっかけの欲しい人/自分なら森を救える!救いたい!と思っている人/継続して活動したい人/里山が好きな人

    ●定員:20名程度

    ●参加費:全5回分(1泊3食×1回、保険料等)

    学生8000円(JUON会員6000円)/社会人1万4000円(JUON会員1万円)/

    ※応募多数の場合は、全5回参加できる方を優先いたします

    ※初回にまとめてお支払い頂きます。その際のご入会でも会員割引が適用されます

    ※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません

    ※現地までの交通費は各自ご負担下さい

    ●締め切り:11月15日金曜日※締切日過ぎてのお申し込みはご相談下さい

    ●お問い合わせ・お申し込み:NPO法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク

    TEL:03・5307・1102、FAX:03・5307・1091、E-mail:juon-office@univcoop.or.jp