メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・掲示板

国際会議「SDGs×適正技術×アジア」[12月7日(土)、12月8日(日) /東京都文京区]

名前:APEX

◆適正な技術選択に関する包括的フレームワークを創出

     今日、SDGsは、多方面の人々・組織から支持される目標となっていますが、それでは、それを達成するためには、どのような社会のあり方、経済のあり方、あるいは技術のあり方が求められるのかは、あまり明らかでありません。

     問題を技術の面から考えると、これまでの、効率・規模・速度の拡大・増大と経済成長・利潤を至上の価値とする近代科学技術体系の単純な延長上には、持続可能な未来を描くことはむずかしいのではないでしょうか。それに代わる技術体系がつくりだされていかなければなりませんが、その手がかりとなるものを探していくと、60年代中盤~80年代中盤に隆盛した適正技術に行きあたります。適正技術は、持続可能な開発のための技術としての要素をふんだんに含んでいますが、80年代中盤以降は勢いを失います。そこには、適正技術の概念があいまいで、多くの方々が納得・賛同し、コミットしていけるようなフレームワークが欠けていたことが本質的な問題としてあったと考えられ、それを補って、適正技術を今日的な意義をもったものとしてよみがえらせていくことは、今後の持続可能な社会形成のための技術体系にいたる近道ではないかと思われます。

     この国際会議では、アジアで適正技術関連の活動に取り組んでいる団体のリーダーをお招きして、お互いの経験を共有し、意見交換する中で、適正な技術選択に関する包括的フレームワークを創出することをめざします。

    開催概要

    ●日時:2019年12月7日(土曜日)13時30分から17時まで(受け付け開始13時)/12月8日(日)10時から17時15分まで(受け付け開始9時30分)

    ●会場:東洋大学白山キャンパス 125記念ホール(8号館内)

    都営地下鉄三田白山駅下車A3出口より徒歩5分/東京メトロ南北線本駒込駅下車1番出口より徒歩5分/東京メトロ千代田線千駄木駅1番出口より徒歩15分(東京都文京区白山5-28-20)

    ●参加費:一般3000円(両日通し券)、APEX/ATFJ会員/学生1500円(同)

    (一日のみの参加は、一般2000円、APEX/ATFJ会員/学生:1000円)、懇親会3000円(第二日終了後。東洋大学内トレスダイニングにて開催)

    ●定員:150名

    ●お申し込み:WEBサイトからお申込みいただくか、下記事務局にe-mailまたはFAXで、お名前とご連絡先を明記の上、お申込み下さい

    プログラム

    (同時通訳付)

    ◆第1日

    13時30分から45分:オープニング、主催者・共催者あいさつ/13時45分から14時45分:基調講演「持続可能な開発のための、適正な技術選択に関する包括的フレームワーク--その意義と素案」特定非営利活動法人APEX代表理事 田中直/14時45分から15時45分:「適正技術の重要な意義-インドネシアにおける水供給の事例より-ディアン・デサ財団50年の経験から」ディアン・デサ財団ディレクター アントン・スジャルウォ/15時45分から16時:休憩/16時から17時:「フィリピンにおけるSDGsに向けた適正技術のフレームワークとしての、気候変動に耐性のある持続可能な農業と、コミュニティベースの再生可能エネルギーシステム」SIBAT(Sibol ng Agham at Teknolohiya)代表 エストレーラ・カタラータ

    ◆第2日

    10時から11時:「東洋大学国際共生社会センターのSDGsへの貢献」東洋大学教授・副学長 北脇秀敏/11時から正午:「インドネシアにおける、小規模水力・風力発電による自立的経済の促進」IBEKA(People Centered Business and Economic Institute)代表 トゥリ・ムンプニ/正午から13時:昼食・休憩/13時から14時:「フィリピンにおける、農村コミュニティの総合的能力向上による持続可能な発展」PRRM(The Philippine Rural Reconstruction Movement)ディレクター レベッカ・マライ/14時15分から15時45分:グループディスカッション /15時50分から17時15分パネルディスカッション「持続可能な開発のための適正な技術選択に関する包括的フレームワーク」座長・國學院大学教授 古沢広裕/終了後、懇親会

    ●お問い合わせ・お申し込み:特定非営利活動法人 APEX(担当:ジェンキンソン 陽(みなみ))

    TEL:03・3875・9286、FAX:03・3875・9306、E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org(〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F)