メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・リポート

自分の声で言語選択もオーケー--キングジムのユニバーサルデザイン携帯翻訳機

写真=ポータブルタイプのワールドスピーク

 オフィス・家庭用文具を製造販売するキングジムは6日、世界155カ国語に対応する携帯翻訳機「ワールドスピーク」を発売した。母国語と翻訳したい相手国言語を指定すると、翻訳結果が相手国言語で瞬時に表示され、発声される。

 本体のディスプレー下部にある三つの物理ボタンの中の左側のボタンを1回押して「ピコン」と音が鳴ったら母国語を話す。右側のボタンを押すと相手国言語になる。例えば、母国語の日本語で「おはようございます」と話し、英語を指定するとネーティブスピーカーの声で「グッドモーニング」と音声が流れる。逆に右側のボタンを押して「Good mo…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです