メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・リポート

スマート白杖でホーム転落防止--京セラがみなとみらいに体験スペース設置

「視覚障がい者歩行支援システム」を体験する筆者

 京セラは、近距離無線通信方式の一つであるRFIDとスマート白杖(はくじょう)を使って視覚障害者が駅ホームなどを安全に利用できる歩行支援システムを開発、18日から横浜市内の同社みなとみらいリサーチセンターで体験希望者による実証実験を開始する。

 開発中の「視覚障がい者歩行支援システム(VAシステム)」は、駅ホームなどに非接触型の短距離無線技術方式の一つのRFIDのパッシブタグを埋め込んで、ホームの端や乗車口などの情報を専用のスマート白杖に振動や、連動したスマートフォンからの音声で歩行者に知らせるというもの。市販されているパッシブタグの通信距離は数十センチで、バッテリーは不要。物流業界などで普及していることから低価格で市販されている。振…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです