ユニバ・掲示板

DO-IT Japan2020一般公開シンポジウム[12月26日(土)/オンライン]

名前:DO-IT Japan

◆中学・高校のインクルーシブ教育を実現するには?

     本シンポジウムでは、「中等教育(中学校、高校)でのインクルーシブ教育の可能性を最大化するために何をすべきか」をテーマとした議論を行います。 第1部では文部科学省や厚生労働省から、現在の取り組みについてご紹介いただき、第2部では、大学生になったDO-ITスカラー(公立や私立学校、特別支援学校、海外の学校など、多様な学校で学んできた発達障害、肢体不自由、難病のある学生たち)と一緒に中高の経験を振り返って、どのような取り組みが必要だったのかを議論します。

    開催概要

    ●日時:2020年12月26日(土曜日)13時から17時まで(Zoomによるウェビナー配信/無料)

    ●対象者:シンポジウムに関心をお持ちの全ての方

    ●参加登録:DO-IT Japanウェブサイトより、詳細をご覧いただき、参加登録をお願いします

    ●参加登録期間:12月23日(水曜日)まで

    1)聴覚の情報保障として「UDトークを使った文字通訳(修正あり)」を行います。

    2)その他の合理的配慮が必要な方は「12月15日まで」に、事務局へお問い合わせください

    3)録音や撮影、及びSNS等での配信は、ご遠慮ください

    4)当日、接続不良等の個別対応ができませんこと、ご了承ください

    タイムスケジュール

    ※ウェビナーのため出入りは自由です

    [第1部]挨拶・行政説明/13時から14時35分*

    開会挨拶:近藤武夫 (DO-IT Japan・ディレクター、東京大学先端科学技術研究センター・准教授)

    大学挨拶:

    1)神崎亮平 (東京大学先端科学技術研究センター・所長)/2)松木則夫 (東京大学・大学執行役・副学長)

    行政説明(敬称略):

    1)川口貴大 (文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課・課長補佐)/2)辻 邦章 (文部科学省 高等教育局学生 留学生課・課長補佐)/3)小林 孔 (厚生労働省 職業安定局障害者雇用対策課・課長補佐)

    ・休憩:14時35分から15時

    [第2部]ディスカッション「中等教育段階でのインクルージョン」/15時から17時

    ・ファシリテーター:近藤武夫

    ・話題提供者:4名のDO-IT Japanスカラー

    ※15時から16時半:話題提供者とファシリテーターでディスカッションを行います

    ※16時半から17時:いただいた質問に対し、登壇者と共に質疑応答を行います

    ●お問い合わせ・お申し込み:DO--IT Japan事務局

    E-mail:toiawase@doit-japan.org