ユニバ・掲示板

atacLabオンライン実践セミナー[4月24日(土)、28日(水)/オンライン]

名前:atacLab

◆不登校・いじめ・孤立・学業不振などの子どもの背景にある特別支援ニーズを探る  --勉強や集団の苦手な子どもとのコミュニケーションを通して支援を考える

     新学期が始まり、子どもも、保護者も、先生も緊張する時期です。学校に行き渋ったり、元気のない子どもがいれば気になるものです。その理由を尋ねてもうまく説明できない子どもも沢山いますから、どのように対処していいか分からず困っている人も多いかと思います。

     その背景にある要因を推測するには、コミュニケーションと行動の観察を通じて子どもの認知や性格特性の理解が必要です。それには専門家による心理検査よりも、むしろ普段から子どもに関わっている、保護者や教師の関わりの中で見ることの方が大切です。コミュニケーションの仕方を少し変えてみるだけで子どもの困難さが見えてきます。

     このウェビナーでは、具体的な場面を想定して子どもとのコミュニケーションから彼らの困難さを見立て、支援を考えてみます。同時に、その背景にある認知的・心理的な特性についても理論的に解説します。

    ●講師:中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター)、井上 賞子(安来市立荒島小学校)

    第1回「勉強や集団の苦手さの背景を子どもとのコミュニケーションで見立てる」/第2回「聞いたり話したりすることの苦手な子どもとの関わり」/第3回「読んだり書いたり計算したりが苦手な子どもとの関わり」

    開催概要

    ●日時:2021年4月24日(土曜日)10時30分から正午まで/24日(土曜日)13時から14時30分まで/28日(水曜日)19時から20時30分まで

    ●受講料:1回2000円、3回セット料金5000円(セット申込者のみ再配信あり

    ●開催形式:ZOOMによるオンライン形式

    ●お問い合わせ・お申し込み:atacLab(エイタックラボ)

    E-mail:seminar@atac-lab.com