特集

ユニバ・リポート

毎日新聞デジタルの「ユニバ・リポート」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

ユニバ・リポート

手にも環境にも優しい人気の木製囲碁盤「アイゴツー」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
木製囲碁盤「アイゴツー」。写真奥から時計回りに、19路盤、13路盤、9路盤
木製囲碁盤「アイゴツー」。写真奥から時計回りに、19路盤、13路盤、9路盤

 日本視覚障害者囲碁協会(柿島光晴代表理事)は、プラスチックを使わない視覚障害者用木製立体囲碁盤「アイゴツー」を開発した。環境に優しく、触感に温かみがあり、安価ながら高級感があることから、囲碁愛好者の間で注目されている。

 盤面の見えない視覚障害者でも触って座標を確認できる立体囲碁盤は、縦横に盛り上がった枠線の交点に専用の碁石をはめ込んで固定する仕組み。碁石は表面が滑らかな白石に対して黒石の中央に凸点がある。プラスチック素材の初代「アイゴ」に対して…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る