メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020米大統領選 大統領選の仕組み

    アメリカ合衆国の大統領選挙は4年ごとに行われます。おおまかに3つのステップに分けられます。

    STEP1
    2〜6月

    予備選挙・党員集会

    米国は共和党と民主党の2大政党制で、まず、それぞれの党の指名候補を選ぶため、2~6月に各州で予備選や党員集会が開かれます。2月3日の中西部アイオワ州の党員集会はその初戦です。

    予備選は投票、党員集会は討論などを通じて順位を決めます。その結果によって各州に人口に応じて割り当てられた代議員が配分されます。

    民主党の代議員数は約4000人で、過半数を獲得した候補が勝者となります。過半数に到達しそうにない候補は脱落していくため、通常は党大会前に勝者が事実上決まります。

    3月3日は予備選や党員集会が集中するスーパーチューズデー(決戦の火曜日)で、全体の3割強の代議員の割り振りが決まるため、情勢が見えてきます。

    STEP2
    8月

    各党の全国党大会

    各党候補は夏の全国党大会で正式に指名された後、11月3日の本選に進みます。

    8月
    STEP3
    11月3日

    本選挙

    選挙人による「選挙人投票」

    本選は州ごとに投票があり、大半の州では勝者がその州に人口比で割り当てられた「選挙人」を総取りします。選挙人計538人の過半数270人を獲得した候補が当選です。

    新大統領決定!

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです