メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ベテラン専門記者による日替わりコラム。水曜日は経済取材を長く務めた中村秀明論説委員が鋭い視点で解説します。

  • たーとるうぃずの挑戦=中村秀明

     <sui-setsu> ふとつけたテレビで映画「フォレスト・ガンプ」が流れていた。1995年の公開以来何度か見ているが、見始めたら、またやめられなくなってしま…

    (2018年4月25日 02:35)

  • 力が抜けた瞬間=中村秀明

     <sui-setsu> 「もっと危機意識を持ってほしい」。部下や末端の現場に向かって、そう嘆く経営者は多い。入社式で新入社員に、いきなり危機感を求めたがる社長…

    (2018年4月18日 02:57)

  • 1着の値段=中村秀明

     <sui-setsu> 商品の原価を明らかにする服飾会社が米国で人気だ。「エバーレーン」という。インターネット通販が中心だが、ニューヨークなどにも実際の店があ…

    (2018年4月11日 02:38)

  • まだ何者でもない=中村秀明

     <sui-setsu> 毎年、この季節になると、社会人最初のしくじりを思い出す。 まだ1行も記事を書いていなかった入社2週目。会社の主な幹部が顔をそろえ、新人…

    (2018年4月4日 03:12)

  • 自動運転の至らなさ=中村秀明

     <sui-setsu> 米アリゾナ州で今月中旬、試験中の自動運転の乗用車が、車道を横切る女性をはねて死亡させた。 自動運転の実用化を遅らせかねないと言われる重…

    (2018年3月28日 02:46)

  • 「私の物語」の磁力=中村秀明

     <sui-setsu> 出版業界に事件が起きている。63歳の新人作家・若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」をめぐる異変である。 芥川賞受賞から1カ月足ら…

    (2018年3月21日 02:29)

  • 何のため誰のため=中村秀明

     <sui-setsu> 経営のあり方を考えさせられるような集まりに参加した。 20人近い企業幹部が5日間、千葉県木更津市の研修施設に泊まり、古典の抜粋を読んで…

    (2018年3月14日 02:37)

  • 雄弁なれど実はない=中村秀明

     <sui-setsu> ある映画で、経済や金融を動かす者にあてつけたジョークが登場した。 心臓移植を待つ銀行家と医師との会話だ。 医師は言った。「あなたに適合…

    (2018年3月7日 02:22)

  • 震災支援が変えた=中村秀明

     <sui-setsu> 東日本大震災の後、ロート製薬の呼びかけで異例の奨学金「みちのく未来基金」が生まれた。 震災で親を亡くした子を対象にした、返済がいらない…

    (2018年2月28日 03:21)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  3. 歴史の鍵穴 酒に弱い人の遺伝子 中国南部から伝来か=専門編集委員・佐々木泰造
  4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  5. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです