メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測

水説

ベテラン専門記者による日替わりコラム。水曜日は古賀攻専門編集委員が鋭い視点で解説します。

  • 穴の開いたホース=古賀攻

     <sui-setsu> 旧日本軍の体質を解析した「失敗の本質」は現代に通じる組織論としてたびたび引用されるが、今回も次の一文が当てはまる。 「(状況に)場当た…

  • 国民民主のシン・憲法=古賀攻

     <sui-setsu> 映画「シン・ゴジラ」のシンには新、真、神など複数の意味があったそうだが、こちらのカタカナは一種のノリ、深刻ぶらないで議論しましょ、とい…

  • 第3波のリスク認識=古賀攻

     <sui-setsu> 人類がウイルスに打ち勝った証しになるのは、有効なワクチンや治療薬の開発であって、五輪そのものの開催ではない。レトリックだとしてもすとん…

  • されどツイッター政治=古賀攻

     <sui-setsu> バイデン候補の米大統領選勝利が決定的になったのは、日本時間の8日、日曜日の未明だ。 国際政治も今やSNS(ネット交流サービス)が標準ツ…

  • マスクも社会科学も=古賀攻

     <sui-setsu> 米中の頂上対立でトランプ米政権が強引に世界のトレンドにしたのが、経済の安全保障化だ。 次世代通信規格の5Gや動画共有アプリについて中国…

  • 内閣代われど現参与=古賀攻

     <sui-setsu> 政府の新型コロナ対策に関する本格的な調査・検証報告書が先週末にようやく書店に並んだ。 全466ページとボリューム満点。今月8日の発表で…

  • 三酔人借りもの問答=古賀攻

     <sui-setsu> 中江兆民(ちょうみん)は架空の酔人を仕立てて明治中期の政談を表情豊かに描いた(「三酔人経綸(けいりん)問答」)。 この名著に寄りかかる…

  • 「なぜ拒否」は手つかず=古賀攻

     <sui-setsu> 「最近、自民党内の一部に日本学術会議が偏向しているとの批判が高まり、同会議のあり方を再検討しようという動きが出てきた」 今の話ではない…

  • リベラルの落とし穴=古賀攻

     <sui-setsu> 菅内閣発足から3週間。全体像の提示より即物的な効果にこだわることや、懸念通り陰湿に人事権を行使することなど、新政権の輪郭がはっきりして…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです