メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

おんなのしんぶん・女の気持ちをたずねて

これまで掲載された「女の気持ち」の中から、心に残る作品の投稿者をベテラン記者らが訪ね、さらに奥の「気持ち」や、その人が歩んできた道のりを詳細に描きます。

  • 横浜市青葉区・大石みどりさん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 私は主婦ではない。未婚で職業をもつ女でもない。つまりは無職で親のすねかじりだ。こんな暮らしを続けて20年になる。 自分の存在がつ…

  • 東京都世田谷区・関戸扶美子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 肩書が会社員から自営業になって丸10年。祖父が作り、叔母や両親が営んで残してくれた化粧品屋だ。10年の月日は大きく、亡くなったお…

  • 北九州市若松区・安元洋子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 豪雨と濁流の中、92歳の母が一人住む福岡県朝倉市の実家を目前に、冠水した道を牛歩のごとく進んだ。車外に出て流木をよけ、腹ばいにな…

  • 大阪府和泉市・小倉純子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 長男が大学生になり、1人暮らしをすることになった。自炊ができるように教えようにも言い訳をし、最後には「俺は、やればできる男やで」…

  • 愛知県春日井市・長谷川じゅん子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 不登校でアスペルガー症候群の息子が高校をやめた。発達障害ゆえに、「空気が読めない」「ひねくれ者」と言われてきた。私も息子の気持ち…

  • 千葉県習志野市・石原幸子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 玄関を開けると甘夏の花の香りが漂う。6年前に亡くなった主人が、実のなる木が好きでよく手入れしていた。肺気腫で2年間入退院を繰り返…

  • 福岡県筑紫野市・神喬子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト 母の日に反省している。4人の子供を育てたが、肩身の狭い思いをさせたに違いない。三男を産んだ2カ月後、夫の兄弟の集まりに行った時、…

  • 滋賀県彦根市・原圭子さん

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト おひとり様になって25年。体力、気力が衰え、孤独と闘う日が続く。子どもに恵まれず、主人とは死別。独りを突っ張って必死に生きて、気…

  • 東京都渋谷区・宮本ゆりこさん(33)

     ◇「女の気持ち」ダイジェスト なぜ、社会はもっと妊娠を祝福してくれないのか。将来の日本を背負うのは、これから生まれてくる命なのに。私の職場は、子育てと仕事の両…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです