ニュースがわかる目次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
490円 拡大
490円

月刊「ニュースがわかる」2020年8月号

(7月15日ごろ発売・定価490円)のおもな内容

<巻頭特集>

★ よみがえれ 世界遺産

昨年、沖縄の首里城とパリのノートルダム大聖堂が火災にあいました。

どちらも世界遺産に登録された重要な建築で、

国を挙げての修復が始まっています。

しかし、歴史的建造物の再建はなかなか困難な道のりです。

<ニュース特集>

★ コロナ対策で注目「知事力」

新型コロナウイルス問題への対応で、

独自の取り組みや情報発信をする知事が目立っています。

政府の動きが遅いと批判される中、

都道府県単位での素早い対応が評価されました。

★ 学校も店も「新しい日常」

新型コロナウイルスの再流行を防ぐため、

新しい生活様式を基本とした日常が始まりました。

「3密」を避け、マスク、検温、消毒、人数制限などが

当たり前のことになりました。

★ アメリカが有人宇宙飛行を再開

2人の飛行士を乗せたアメリカの宇宙船が5月末に打ち上げられました。

アメリカの宇宙船による有人飛行は9年ぶりで、

民間の開発によるシステムが使われています。

近いうち、だれもが気軽に宇宙に行ける時代が来そうです。

★  人種差別への怒り アメリカゆるがす

アメリカで黒人男性が白人警官に首を押さえつけられ

死亡する事件が起こり、世界各地で怒りが爆発しています。

これまでも、黒人が警官に過度な暴力を振るわれる例が数多くありました。

どうしたら人種差別を根絶できるでしょうか。

★  歩きスマホはNO!

外で歩きながらスマートフォンを使う「歩きスマホ」を

禁じる条例が神奈川県大和市でできました。

スマホに夢中になると視野が狭まり

人や物にぶつかる事故が起こりがちで危険です。

★ 付録「セリフを入れてマンガ家デビュー」

人気連載マンガ「Newsがわからん!!」の描き下ろしが登場!

吹き出しが空欄なので、自由にセリフを入れ、お話を考えてください。

おもしろ回答ができたら、編集部に送ってくださいね。

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★通常定価490円 書店でどうぞ

あわせて読みたい

購読のお申し込み

定期購読なら離れてお住まいのお孫さんに贈れます。送り先にはあなたからのプレゼントである旨を表記してお送り致します。

定期購読 販売店 デジタルライト