ニュースがわかる9月号

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
定価490円 拡大
定価490円

月刊「ニュースがわかる」2020年9月号

(8月12日ごろ発売・定価490円)のおもな内容

<巻頭特集>

★ クイズでニュース総まとめ

今は、新型コロナウイルスのニュースが多く報じられていますが、

昨年下半期から振り返ると、

消費税率引き上げや「桜を見る会」に関する疑惑など、

さまざまな出来事がありました。

今年上半期までの重大ニュースをクイズ形式で振り返ります。

<ニュース特集>

★ 巨大首都 東京は変えられるか

東京一極集中がなかなか解消されません。

東京だけが肥大化し、他の地方は過疎という

いびつな状態が少子化を引き起こしています。

リモートワークによる働き方改革は事態を打開できるでしょうか。

★ 石炭火力100基を休廃止

政府は二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力発電所の9割を

2030年度までに休廃止すると表明しました。

減った分の電力は再生可能エネルギーなどで補います。

「脱炭素」をめざす日本の本気度が試されています。

★ 大江戸妖怪ワンダーランド

はやり病を退散させるという「アマビエ」が話題を集めています。

古来、日本ではさまざまな妖怪が言い伝えられ、

人々はその存在を身近に感じて生きてきました。

ちょっぴり怖くて面白い江戸の妖怪を紹介します。

★  「自由」を奪われる香港

中国が新しい法律を作り、香港への統制を強化しました。

香港は中国の一部とはいえ、「1国2制度」の下に高度な自治が認められてきました。

今、それが崩壊の危機に直面しています。

★  九州で記録的豪雨

7月初め、九州を中心に記録的豪雨があり、70人以上が亡くなりました。

未明に突然、大量の積乱雲が激しい雨を降らせたため、

避難しきれなかったお年寄りが多かったようです。

★  スパコン「富岳」 コロナ対策に活躍

計算速度や性能が世界一になった日本のスーパーコンピューター「富岳」。

新型コロナウイルス対策で、

空気や飛まつの動きを計算し、予防策に貢献しています。

★  公共配布のトレカが熱い

公共機関が無料で配っているトレーディングカードが人気です。

マンホールカード、ダムカード、

はたまた地元のイケメン漁師を掲載した漁師カードまで!

あなたはどれを集めたいですか?

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★通常定価490円 書店でどうぞ

あわせて読みたい

購読のお申し込み

定期購読なら離れてお住まいのお孫さんに贈れます。送り先にはあなたからのプレゼントである旨を表記してお送り致します。

定期購読 販売店 デジタルライト