連載

ニュースがわかる目次

毎日新聞デジタルの「ニュースがわかる目次」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる目次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
定価490円 拡大
定価490円

月刊「ニュースがわかる」2020年10月号

(9月15日ごろ発売・定価490円)のおもな内容

<巻頭特集>

★ プログラミングが未来を変える

現代社会を支えるあらゆるものが

プログラミングされたコンピューターで動いています。

小学校の授業でも始まったプログラミングが、

どのように未来を変えていくかを探ります。

<ニュース特集>

★ 安倍首相が辞任表明 (1ページ)

安倍晋三首相が8月末、辞任を表明しました。

持病が再発し、自信を持って務めを果たせなくなったためです。

在任7年8カ月で、歴代最長政権の記録を更新したばかりでした。

★ 日米地位協定を知ろう

現在の日米安全保障条約と、在日アメリカ軍の法的地位を定めた

日米地位協定が発効から60年を迎えました。

協定はアメリカ軍に多くの特権を認めており、

日本側にいまだ重い負担を強いています。

★ 科学技術はこんな未来を描く

国が2040年の未来予測を発表しました。

それによると、20年後の社会はリアルとバーチャルが調和し、

その場にいない人と体験を共有したり、動物と“会話”できたりするようです。

★ アメリカ副大統領候補に黒人女性

アメリカ大統領選を11月に控え、

民主党は大統領候補にバイデンさん、副大統領候補にハリスさんを指名しました。

ハリスさんは主要政党の候補として初の黒人女性。

共和党の現職であるトランプ大統領とペンス副大統領に挑みます。

★ 瀬戸内の島が育む国産レモン

おいしい上に、防腐剤を使わないことで人気を集めている国産レモン。

産地である瀬戸内海の島々は、これから収穫の秋を迎えます。

スナック菓子や調味料などの加工食品も多く、

口にする機会がますます増えそうです。

あわせて読みたい

購読のお申し込み

定期購読なら離れてお住まいのお孫さんに贈れます。送り先にはあなたからのプレゼントである旨を表記してお送り致します。

定期購読 販売店 デジタルライト
この記事の特集・連載
すべて見る