メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる目次

定価490円

[PR]

月刊「ニュースがわかる」2020年12月号

(11月13日ごろ発売・定価490円)のおもな内容

<巻頭特集>

★ 2020年 重大ニュース

今年は新型コロナウイルスによって人々の生き方が激変しました。

あっという間に感染が広がり、世界で大勢の人が死亡。

東京オリンピックも延期され、経済活動が大打撃を受けました。

そんな歴史に残る一年の重大ニュースをランキング形式で紹介し、

ジャーナリストの池上彰さんに総括してもらいます。

<ニュース特集>

★ 「飢餓との闘い」にノーベル賞

今年のノーベル平和賞に国連の「世界食糧計画」が選ばれました。

被災者や難民に食料支援を続けている点が高く評価されました。

ほかに、医学生理学賞、物理学賞、化学賞に輝いた

研究成果についても紹介します。

★ もっと知りたい! 米の歴史

日本人の主食、米。稲作は約3000年前に大陸から伝わりました。

おいしくて栄養豊富な米は大切にされ、

お金の代わりとして扱われた時代もありました。

そんな米の歴史を振り返ります。

★ カラーでよみがえる戦争の記憶

人工知能(AI)を使って、

戦前から戦後の白黒写真をカラー化するプロジェクトが進められています。

色鮮やかによみがえった光景や人々の姿は

時を超えて、私たちに強い感銘を与えます。

★ 東京証券取引所が終日停止

株式を売買する東京証券取引所で10月1日、システム障害が起きました。

株の取引はお金を循環させる経済の動脈で、資本主義を支える柱です。

売り買いがストップしたことで、もうけたり損失を抑えたりする機会が失われました。

★ 核兵器禁止条約 1月に発効

史上初めて核兵器を全面禁止する「核兵器禁止条約」を批准した国が50に達し、

1月に発効することになりました。

しかし、被爆国の日本はこれに参加していません。なぜでしょうか。

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★通常定価490円 書店でどうぞ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです